未経験からヨガインストラクターになるには

ヨガ未経験でインストラクターを目指すのは難しい

ヨガの経験が全くないのに、インストラクターになりたいというのは、さすがに無理があります。ゴルフの経験がないのに、ゴルフのレッスンプロになりたいと思うようなものです。

人前に立っても、何を話していいのか、どんなことをしていいのか、全くわからないはずです。

現実に、ヨガ未経験で、ヨガインストラクターの養成スクールに入学しても、レッスンについていけないか、卒業できないでしょう。そればかりか、養成スクールに入ること自体を断られることもあるようです。

ヨガに限りませんが、インストラクターになるには、それなりの経験が必要です。

ヨガインストラクターのほとんどが、ヨガの経験者

ヨガインストラクターを志す人のほとんどは、ヨガ経験者です。ヨガを習う中でヨガにハマり、ヨガを職業にしたいと思ったり、自分の先生からヨガインストラクターになることを勧められた人たちが多いです。

ヨガは何歳からでも始めることができる

もっとも、ヨガの経験が必要といっても、子供の頃からヨガを習っていなければならないという意味ではありません。何歳でも、ヨガを習うことから始めれば、経験者になれます。

雑誌やインターネットでは、「ヨガ未経験でもインストラクターになれる」という宣伝文句があったり、「ヨガ未経験からインストラクターになった」という体験談を見ることがあります。

しかし、そういう場合も、いきなりヨガインストラクターの養成コースに通ったという人はほとんどいないようです。まずはヨガスタジオや教室に通って気に入り、ヨガインストラクターの養成コースを受講している人がほとんどです。

そういう意味では、未経験者でも、ヨガを習うことから始めれば、ヨガインストラクターをめざすことはできます。

自分に合ったヨガを選んでから始めても遅くはない

「健康ヨガ」と呼ばれるヨガにも、いろんな種類があります。また、ヨガインストラクターの養成スルールも、スクールによって習う種類がちがっています。

いろんなヨガを体験してみて、自分に合ったヨガをみつけてからでも遅くありません。

実際にヨガインストラクターになれば、いろんなヨガに興味をもったり、指導のために習ったりしますが、ヨガインストラクターになるには、まずは、一つのヨガをじっくり学ぶことが大切です。

通えるスクールの関係などで、ヨガの種類を選ぶことができない場合は、それも縁と考えて、そのスクールで学べるヨガに取り組んでみればいいでしょう。