派遣のヨガインストラクター

派遣のニーズも高い職業

ヨガインストラクターは、正社員としてヨガスタジオなどに勤務したり、独立して個人でスタジオなどと業務委託契約を結んで活躍するほかに、「派遣」の形で仕事をすることも可能です。

派遣のヨガインストラクターとして働きたい場合は、ヨガのインストラクター派遣サービスを手掛ける会社に登録するとよいでしょう。

ヨガの人気はいまだに高く、派遣として働けるインストラクターの需要も安定しています。

派遣であれば、自身の取得資格や指導経験、得意なヨガの種類などを事前に伝えておき、それに見合った仕事を紹介してもらうことができます。

派遣のヨガインストラクターの仕事内容

派遣のヨガインストラクターは、「出張レッスン」の講師として活動が中心となるでしょう。

出張レッスンの目的はさまざまです。

たとえば、企業における従業員のストレスケア、福祉施設における高齢者の健康増進、学校での学生のためのヘルスケア、地域センターでの産後のお母さんの心身のケアなど、多岐にわたる場所へ出向いて、幅広い年代や立場の人にヨガを指導します。

イベント開催時の出張など、単発での仕事も多数あるようです。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣で働くメリットは、時間の融通がききやすいこと、そしてある程度自分で仕事内容を選べることだといえるでしょう。

たとえば、他の仕事をしていたり、個人でもレッスンを提供していたり、家庭の事情でフルタイムでの勤務が難しいといった人でも、無理なく自分のペースで仕事をすることができます。

経験と実力を積み上げていけば、派遣でも高い給料をもらうことができるでしょう。

しかし、一般的には派遣は正社員よりも給与相場は低めとなり、安定性という面には欠けるといえます。

また、派遣のインストラクターを募集する会社によっては、派遣登録時に費用を求めるところもあるため、よく確認しておいたほうがよいでしょう。