業務委託のヨガインストラクター

業務委託で働くとは

ヨガインストラクターは、「業務委託」という形で仕事をしている人がたくさんいます。

業務委託は、特定の会社やヨガスタジオに社員として雇われているわけではなく、フリーランスとして個人で活動をしている人の働き方です。

フリーランスのヨガインストラクターは、さまざまなヨガスタジオと「業務委託契約」という契約を結び、1レッスン単位で仕事を請け負うのが一般的です。

「フリーランスのヨガインストラクター」と同じ意味合いだと考えておいてよいでしょう。

業務委託の場合の収入

業務委託のヨガインストラクターは、「1レッスンあたり〇〇円」として報酬を得ます。

報酬の額は、レッスン1本あたり1,500円~5,000円が相場のようですが、経験や技術に応じて決定されることが多く、実力がある人は10,000円以上の報酬を得るケースもあります。

多くの生徒さんからの信頼を集めて人気インストラクターになれば、その分、レッスンをたくさん受け持つことができるようになり、収入を大幅にアップさせられる可能性があります。

誰でも業務委託で働ける?

業務委託のヨガインストラクターは、社員のように会社に勤務時間などが決められているわけではないため、レッスンをする日時や休日を自分で決めやすいことが特徴です。

ただし、誰でもすぐに業務委託で働けるとは限りません。

スタジオによっては、応募資格として「〇年以上の指導経験者」や「ヨガインストラクターの有資格者」を対象とすることもあります。

しかし、なかにはヨガの基礎的な知識や技術さえ身につけていれば、レッスン未経験者でも採用しているところもあります。

さらに、スキルアップのための研修制度を利用できる会社もあるため、個人のヨガインストラクターとして成長したい気持ちが強い人は、そうした制度を設けているところで学びながら仕事を増やしていくのもよいでしょう。