ヨガインストラクターの学校(スクール、養成講座)

正しい知識や技術の習得は不可欠

ヨガインストラクターは、特別な資格を取得しなくてもなることができる職業です。

したがって、独学で勉強して、独自のスタイルで指導することも可能です。

しかし、ヨガは身体に負荷をかけたり、呼吸や意識体系にまで働きかけていく運動メソットです。

インストラクターが正しい知識を持って、生徒に対して適切に伝えることができなければ、生徒が身体を痛めたり、体調を崩したりすることがあります。

あなたが、ヨガインストラクターとして多くの生徒と接し、ヨガを通じて社会貢献をしたいと思うならば、ヨガインストラクターの養成スクールや講座で、きちんとしたトレーニングや訓練を受けておいたほうがよいでしょう。

ヨガインストラクターの学校で学ぶこと

現在、ヨガインストラクターの養成スクールや講座は、大都市を中心に数多く開講されています。

ヨガインストラクターの学校と、フィットネスクラブなどで開催しているヨガレッスンの最大の違いは、学校では「ヨガの楽しみ方を教える」というよりも「ヨガの指導方法を教える」ことが目的であるということです。

ヨガインストラクターの学校で学ぶ内容は、以下のようなものとなります。

・「ヨガとは何か」「ヨガの意味」といったヨガ哲学
・ヨガの歴史
・ヨガの種類や流派に関する知識
・正確なポーズの取り方
・ヨガのポーズの指導方法
・正しい呼吸法
・呼吸法を教えるときの注意点
・解剖学など人体についての基礎知識
・指導メニューの作り方

ヨガインストラクターの学校で学ぶメリット

ヨガインストラクターの養成コースを受講すると、ヨガに関する歴史、ポーズ、呼吸法など、正確で豊かな知識を身につけることができます。

最も有益なのは、生徒に教える際の注意点やコツを、実際にポーズを取りながら講師から具体的に指導してもらえることです。

本で読んだだけではなかなか伝わりにくいことでも、実体験しながら覚えていくことができるでしょう。

ヨガインストラクター養成講座の選び方

養成コースを受講する場合、どのスクールや講座を選ぶかによって学ぶ内容が異なってきます。

「健康ヨガ」といっても、「パワー・ヨガ」や「ホット・ヨガ」「アヌサラ・ヨガ」といった種類や流派がたくさんあります。

まず、自分がどのようなヨガを教えたいかを具体的に決めてから選ぶとよいでしょう。

もっとも、ヨガインストラクターになりたい人は、ほとんどがヨガ教室に通っていたり、通ったことのある経験者でしょう。

自分の通うスクールやスタジオが、インストラタクー養成講座を設けていれば、そこでもいいでしょうし、自分のヨガの先生に相談してもよいでしょう。

また、「指導方法」のトレーニングに十分な時間が割かれているか、少人数制でのスクールか、インストラクター養成の実績が豊富な講師か、などもチェックポイントです。

カリキュラムや学費について

ヨガインストラクターの養成講座はさまざまあり、講義時間も数時間のものから200時間程度のものまで、だいぶ幅があります。

まったくの未経験者であれば、それなりに充実したカリキュラムの講座を選ぶほうがよいでしょうし、ある程度の経験や知識があるのであれば、一部のスキル向上を目指すような単発の講座を受講してもよいかもしれません。

費用はカリキュラムによっても異なりますが、10万円~60万円くらいのものが多いようです。

海外で勉強することも可能

日本でのヨガ人気が高まるにつれ、インストラクターを目指す人のための学校や講座もたくさん作られるようになってきましたが、なかには海外でヨガを勉強する人もいます。

代表的な留学先は、「ヨガの聖地」といわれるインド、またはアメリカとなっているようです。

海外で学ぶと、現地の資格取得を目指すこともできますし、日本以上に幅広いスキルを身につけることができるかもしれません。興味があれば、インターネットなどで調べてみるとよいでしょう。