アルバイトのヨガインストラクター

アルバイトの求人はそこまで多くない

ヨガインストラクターの代表的な働き方は、以下の2種類となっています。

ひとつは、ヨガスタジオやフィットネスクラブなどに「正社員」として就職して仕事をするケース、そしてもうひとつは、フリーランスで各スタジオと「業務委託契約」を結んで働くケースです。

上記いずれかの働き方が目立ちますが、一部の人は「アルバイト」としてヨガインストラクターの仕事をしています。

ここからは、アルバイトのヨガインストラクターの働き方について詳しく見ていきましょう。

アルバイトの仕事内容

ヨガインストラクターがアルバイトとして働く場合の仕事内容は、勤務先となるヨガスタジオやヨガ教室によって異なります。

アルバイトでも、正社員のインストラクターと同じように、自身に割り振られたレッスンに集まる生徒さんを一人で責任もって指導する場合もあれば、社員のアシスタント業務に回るケースもあるようです。

この辺りは、応募の際にしっかりと確認しておいたほうがよいでしょう。

なお、スタジオによってはアルバイトは受付業務中心ということもあるため、注意が必要です。

アルバイトの給料・待遇

アルバイトのヨガインストラクターでも、経験や実力に応じて給料が変わることが一般的です。

時給にして1,000円~1,500円程度が相場のようですが、昇給制度を設けている職場であれば、人気インストラクターになることで時給2,000円以上を得ることもできるでしょう。

正社員のようにボーナスの支給はなく、休暇制度など福利厚生の適用もされないことが多いです。

正社員に比べて安定性には欠けるといえますが、アルバイトは「1日に3~4時間程度だけ働く」といったこともしやすいため、他にも仕事をしている人、育児の都合などで長時間勤務は難しいといった人には向いている働き方だといえるでしょう。

なお、ヨガインストラクターの場合、アルバイトで働きたいと思っても求人数はさほど多くないため、チャンスを逃さないようにこまめに情報を追ったほうがよいかもしれません。