スポーツインストラクターの給料・年収

20代の年収は200万〜300万円が相場

スポーツインストラクターの給与は、勤務形態や会社の規模によって違ってきます。フィットネスクラブやスポーツジムの社員であれば、その会社の規定の給料になりますが、同年代の収入に比べるとやや低いといわれています。

社員の場合、初任給は17万〜20万円くらいで、年収は200万〜300万円くらいが相場となっています。

その後はインストラクターとして経験を積んだり、人気が出たり、高い知識を身につけるとたとえば「アシスタントマネージャー」、「マネージャー」、「チーフマネージャー」というふうに地位もアップして、給料も上がります。

会社によっては、30歳で年収600万円という人もいるようですが、あるフィットネスクラブに勤務するインストラクターの場合、30歳で月給が約30万円、年収が約400万となっています。

スポーツインストラクターとして人気がでたり、専門的な資格を取得するなどして高い知識などが認められれば、次第に昇給していきます。高給が見込めるという職業ではありませんが、スポーツが好きという理由で働く人が大勢います。

働ける期間もたいてい30代まで

しかし、フィットネスクラブやスポーツジムで、スポーツインストラクターとして働けるのはだいたい20代から30代までです。それ以降も続けるには、よほど人気が出るか、フリーとして独立するかのどちらかになります。

中には、スポーツトレーナーに転身したり、事務職や管理職として会社に残る人もいますが、会社を辞める人も少なくありません。

辞めた人は、結婚や妊娠をして家庭に入ったり、家業を継いだり、スポーツ関連の会社や施設、あるいは一般企業などに転職するケースが多いようです。

契約社員の場合、年収は社員より低くなります。社会的な手当やボーナスもなく、一年や半年契約ですので、人気がなければ契約も更新されません。

フリーで人気があれば、時給3000円〜5000円も

アルバイトの給料は、時給制で支払われます。時給は経験や人気、あるいは勤務日や時間帯などによって800円〜2000円くらいとなっています。

フリーのインストラクターは、1時間あたり3000〜5000円が相場となっており、週12本程度のレッスンで月15万〜24万円ほどとなります。

知名度や人気によって、契約金額がもっと高い場合もありますし、契約本数によっても月収が大きく異なります。

生活をするには、いくつもの掛け持ちをしないと無理なので、クラブや教室の集まる大都市でなければ難しいです。

きちんとした収入を得るためには、他のインストラクターにはない指導方法や楽しい指導方法などを考え、人気を集めていくことが大切になります。

集客力が、そのまま収入に響き、お客さんが集まらなければ、時給も下がる厳しい世界です。

手広く教室を展開していれば年収1000万円を超えるケースもあるようですが、インストラクターによって収入はバラバラというのが現状です。

休日は、スポーツジム同様、不定期になりますが、レッスンの数によっては、休みが少なくなってしまう場合もあります。

ですが、自分のペースに合わせて働くことができますので、他の仕事かけ持ちをしたり、家事や育児と両立しながら働くといったことも可能となります。

フリーで働く場合は、安定するまでは大変ですし、体を壊してしまうと収入がなくなってしまうという恐れもありますが、自分のペースで働くことができるという魅力があります。

契約社員やアルバイトの仕事や待遇は?

契約社員は、1年や半年など期間を限定して雇用関係を結びます。仕事内容は契約先のクラブによって違い、利用者への指導に限られるところもあれば、社員と同等の仕事を任されるところもあります。

報酬の支払いが月給制か、時給制かも、契約するクラブによります。交通費や社会的な手当ては支給されるケースが多いですが、退職金はほとんど出ません。

アルバイトは、たいてい仕事内容は利用者への指導に限られ、報酬は時給で支払われます。交通費は支給されるケースが多いですが、社会的な手当ては支給されません。

最近は、経費削減のため、フィットネスクラブやスポーツジムでは契約社員やアルバイトの雇用が増えています。ただし、契約社員やアルバイトから、社員に採用されることも少なくありません。