スポーツインストラクターのつらいこと・大変なこと・苦労

スポーツインストラクターは毎日激しい運動をしているため、身体に大きな負担がかかり、ケガをして身体を悪くしている人もいます。

また、指導対象者から行き違いや、誤解を受けることもあり、相手にあったコミュニケーション方法をとっていかなくてはなりません。

この記事では、スポーツインストラクターのつらいこと・大変なこと・苦労について解説します。

スポーツインストラクターのつらいこと・大変なこと

スポーツインストラクターのつらいこと・大変なこと・悩み
  • 身体に負担のかかる仕事
  • 施設利用者とのコミュニケーション
  • 長く続けることが難しい仕事

身体に負担のかかる仕事

スポーツインストラクターは指導で身体を動かす機会が多く、とくにダンスやエアロビクスなど毎日のように激しい動きをする人は、身体にも大きな負担がかかっています

腰やヒザ、スネや足の痛みを抱えている人が少なくありません。

また、フィットネスクラブやスポーツジムの勤務では、どうしても立っている時間が多くなります。

しかも、スポーツインストラクターにはスポーツ経験者が多いことから、すでに持病があったりケガを経験して身体を悪くしたりしている人もいます。

そのため、長時間立ちっぱなしだったり、激しい動きをしたりすると身体に痛みの出る人が目立つようです。

施設利用者とのコミュニケーション

スポーツインストラクターは、指導対象者と思いの行き違いがあったり、誤解をされてしまったりしたときに苦労します。

フィットネスクラブやスポーツクラブの利用者、スポーツ系教室の生徒には、さまざまな人がいます。

たとえば、励ますつもりで「がんばって!」と声をかけても、明るく受け止めてくれる人、落ち込んでしまう人、怒ってしまう人など反応はさまざまです。

相手がどのような指導を求めているのか、またどんな指導方法が適切なのかを考え、相手にあったコミュニケーション方法をとっていかなくてはなりません

スポーツインストラクターの悩み

日頃からのコミュニケーション

ちょっとした言葉や思いの行き違いから、スポーツジムに通って来なくなったり、施設へ不満をぶつけたりする人もいます。

相手の性格や人柄をつかんでおかないと、何気ない一言や行動が思わぬ方向へ向いてしまうこともあるので、どのように接していくのがよいかという悩みは常につきまといます。

そのため利用者や生徒とは、日頃から積極的にコミュニケーションをとるようにし、相手の不安や悩みなどを解消できるよう、相手の気持ちに寄り添ったコミュニケーションが求められます

長く続けることが難しい仕事

スポーツジムやフィットネスクラブで働くスポーツインストラクターは、年齢でいえば、20代から30代がメインです。

体力面の問題もあり、30代になると転職・離職する人も少なくありません

スポーツインストラクターとして長く働くためには、スポーツジムやフィットネスクラブでの仕事について、事前に調べておく必要があります。

スポーツインストラクターを辞める理由で多いものは?

スポーツインストラクターは大半が女性で、アルバイトとして働いている人も多く、長く続けるのが難しいため、自分の年齢や経験を考え転職・離職する人が多くいます

また、スポーツジムやフィットネスクラブによっては、

  • 拘束時間が長い
  • 給料が安い
  • 勧誘ノルマがある

などの、職場への不満から辞める人もいるようです。

そのほか、自分の経験をさらに活かしたいと、ほかのスポーツジムやフィットネスクラブへ移ったり、スポーツトレーナーなどに転身したりする人もいます。

スポーツインストラクターの苦労のまとめ

スポーツインストラクターのつらいこと・大変なこととして、身体に負担のかかる仕事であることや、施設利用者とのコミュニケーションが挙げられます。

スポーツインストラクターの悩みとして、日頃からのコミュニケーションや、長く続けることは難しい仕事であることが挙げられます。

スポーツインストラクターは大半が女性で、アルバイトとして働いている人も多く、長く続けるのが難しいため、自分の年齢や経験を考え転職・離職する人が多くいます。