スポーツインストラクターの求人・就職状況・就職先選びのポイント

近年の健康志向や健康ブームにより、スポーツジムをはじめとした施設は全国各地にあり、スポーツインストラクターも増加しています。

しかし実際に活躍しているのは20代~30代の女性です。

スポーツインストラクターは体力的にも長く働けないといった現状もあります。

この記事では、スポーツインストラクターの求人・就職状況・就職先選びのポイントについて解説します。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

スポーツインストラクターの就職先にはどんなところがある?

スポーツインストラクターの就職先は、主にフィットネスクラブやスポーツジムです。

雇用形態の違いはありますが、スポーツインストラクターの仕事の中心はこうした施設の利用者を対象にスポーツの指導とサポートを行うことです。

利用者向けの運動プログラムを考えたり、

  • 生徒の募集
  • イベントの企画や準備
  • フロント業務
  • 事務作業
  • アルバイトの管理

なども他の社員と協力したり、分担して行います。

近年は自治体や市町村の体育館や公共施設で働くスポーツインストラクターも増えています。

スポーツインストラクターの勤務先と仕事内容の違い

スポーツインストラクターの求人の状況

近年は健康志向や健康ブームもあり、フィットネスクラブやスポーツジムが増え、ダンス教室やヨガ教室などのレッスンスタジオも各地にありスポーツインストラクターの数は増えています

ただし、スポーツインストラクターの給料や待遇は決してよいとはいえません。

アルバイトでの雇用が増えているほか、給料も一般的なサラリーマンに比べると低めとなっています。

また、体力の面からもスポーツインストラクターは長く続けられる職業ではありません。

実際、全国のフィットネスクラブやスポーツジムで働くスポーツインストラクターの7割が、20代から30代の女性といわれています。

欧米の国々と比べれば、まだまだスポーツに親しむ国民の数は少なく、スポーツインストラクターの地位も高いとはいえません。

また景気に左右される仕事のため、不景気が長く続くと、スポーツインストラクターの職だけでなくフィットネスクラブの存続自体も危ぶまれてしまいます。

スポーツインストラクターの就職先の選び方

スポーツインストラクターの就職先の選び方としては、まず自分の得意分野が生かせるかということがあげられます。

フィットネスクラブやスポーツジムではさまざまなスポーツを扱っていますが、今まで自分が経験したことや得意分野が生かせるかどうかをしっかりと調べておく必要があります。

同じフィットネスクラブやスポーツジムでも地域や利用する年齢層が違えば中心となるスポーツも違い、指導の仕方も大きく変わってきます。

自分が働きたい施設はどのような特徴があるのかをしっかりと調べておき、可能であれば事前に1日体験などで実際の様子を見てみるのもよいでしょう。

スポーツインストラクターの志望動機・面接

スポーツインストラクターの就職試験の面接で話さなければならないのは、

  • なぜ、スポーツインストラクターになりたいと思ったか
  • どんなスポーツインストラクターになりたいか

といった点です。

スポーツインストラクターになるのに必要な条件として、

  • 体を動かすのが好きなこと
  • これまでのスポーツ体験

といったことが挙げられるため、ここを重点的に話すようにしましょう。

また、仕事の中心はクラブやジムの利用者を励まし面倒を見ることや、人と接することが好きなことも必須なため、こうした条件がさりげなく入っているとより志望動機や人柄が伝わりやすいでしょう。

スポーツインストラクターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

スポーツインストラクターは需要も多いため、一般的な求人サイトやハローワーク等でも十分求人を見つけられます

大手のフィットネスクラブやスポーツジムの場合は、ホームページに求人情報が掲載されていることもあるので、志望する企業のホームページをこまめにチェックするとよいでしょう。

また、スポーツ系の専門学校等に通っている場合は、学校で求人をあっせんしてくれたり推薦してくれたりすることもあります。

スポーツインストラクターの求人のまとめ

近年はフィットネスクラブやスポーツジムが増え、ダンス教室やヨガ教室などのレッスンスタジオも各地にありスポーツインストラクターの数は増えています。

スポーツインストラクターの就職先は、主にフィットネスクラブやスポーツジムであり、近年は自治体や市町村の体育館や公共施設で働くスポーツインストラクターも増えています。

スポーツインストラクターの就職先の選び方としては、まず自分の得意分野が生かせるかということがあげられます。