【2021年版】スポーツインストラクターの給料・年収を調査・気になる初任給やボーナスは?

スポーツインストラクターは雇用形態や会社の規模によって異なりますが、同年代の収入に比べるとやや低いです。

また、若いうちにしか働けないことが多く、契約社員・アルバイトの雇用も増えています。

事務職や管理職として会社に残る人もいますが、給料の低さを理由に会社を辞める人も少なくありません。

この記事では、スポーツインストラクターの給料・年収について解説します。

スポーツインストラクターの平均年収・給料の統計データ

スポーツインストラクターの給与は、勤務形態や会社の規模によって違ってきます

フィットネスクラブやスポーツジムの社員であれば、その会社規定の給料になりますが、同年代の収入に比べるとやや低いといわれています。

スポーツインストラクターの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
講師/指導員/インストラクター
(DODA)
321万円 男性:341万円
女性:298万円
20代: 290万円
30代 :348万円
40代 :380万円
50代〜:419万円
生涯賃金:1億6292万円
スポーツインストラクター
(Indeed)
306万円 時給 1,026円
日給 9,897円
月給 23.0万円
スポーツインストラクター
(求人ボックス)
339万円 月給28万円

各社のデータより、スポーツインストラクターの年収は300〜350万円の間となる実態が見えてきます。

スポーツインストラクターの手取りの平均月収・年収・ボーナス

各社の統計データをもとに算出すると、スポーツインストラクターの平均年収は320万円前後となると思われます。

ボーナスが年間でおよそ3ヶ月と考えると、月額総支給額は21万円、ボーナスは年間60万円ほど支給されていると考えられます。

東京都に勤務するスポーツインストラクターで、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は18~19万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めといえるでしょう。

スポーツインストラクターの初任給

社員の場合、初任給は17万〜20万円くらいで、年収は200万〜300万円くらいが相場となっています。

コナミスポーツ株式会社の場合、初任給は4年制大学卒で228,000円、短大・高専・2年制大学(各種・専修)卒は216,000円となっています。

またセントラルスポーツ株式会社の場合、全国コースは大卒のみで月給 218,500円、エリアコースが大卒で月給 191,000円、 短大卒・専門学校卒が月給 187,700円、一般職群コースは大卒で月給 188,818円 短大卒・専門学校卒は月給 181,209円となっています。

スポーツインストラクターの福利厚生

スポーツインストラクターの場合、各種保険など一般的な福利厚生に加えて、自社のスポーツクラブや保養施設を自由に使えるところが多いようです。

また、スポーツが好きな人が多いため会社内で同好会やクラブ活動を積極的に行っているところもあります。

スポーツインストラクターの給料・年収の特徴

働けるのは若いうち

フィットネスクラブやスポーツジムで、スポーツインストラクターとして働けるのは約20代から30代までです。

事務職や管理職として会社に残る人もいますが、給料の低さを理由に会社を辞める人も少なくありません。

辞めた人は、結婚や妊娠をして家庭に入ったり、スポーツ関連の会社や施設、あるいは一般企業などに転職するケースが多いようです。

契約社員・アルバイトの収入

最近は、経費削減のため、フィットネスクラブやスポーツジムでは契約社員やアルバイトの雇用が増えています。

ただし、契約社員やアルバイトから、社員に採用されることも少なくありません。

スポーツインストラクターとして契約社員となる場合、仕事内容は契約先のクラブによって違い、利用者への指導に限られるところもあれば、社員と同等の仕事を任されるところもあります。

年収は社員より低くなり、社会的な手当やボーナスもなく、一年や半年契約で人気がなければ契約も更新されないという厳しい世界です。

アルバイトはたいてい利用者への指導に限られます。

給料は時給制で支払われ、経験や人気、あるいは勤務日や時間帯などによって左右されますが、800円〜2000円くらいが相場です。

スポーツインストラクターが所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
コナミホールディングス 797万円 37.5歳
セントラルスポーツ株式会社 597万円 38.7歳
株式会社ルネサンス 539万円 35.9歳

出典:2019年現在(各社有価証券報告書より)

コナミスポーツ株式会社の平均年収

コナミスポーツ株式会社を抱えるコナミホールディングスの平均年収は797万円です。

コナミはデジタルエンタテインメント事業、健康サービス事業、ゲーミングビジネス事業、アミューズメント事業の4つを軸としています。

セントラルスポーツ株式会社の平均年収

セントラルスポーツ株式会社の平均年収は597万円となっています。

スイミングスクールを日本ではじめて定着させたスポーツクラブの先駆けで、多くのオリンピック選手を排出しています。

株式会社ルネサンスの平均年収

株式会社ルネサンスの平均年収は539万円となっています。

フィットネス業界3位で、スポーツだけでなく介護関連の事業も強くリハビリテーションにも力を入れています。

スポーツインストラクターの施設別の年収

プロスポーツのスタッフとして契約するスポーツインストラクター

あるフィットネスクラブに勤務するインストラクターの場合、30歳で月給が約30万円、年収が約400万円となっています。

スポーツジムやフィットネスクラブで働く場合、若いうちでなければ働くのが難しく、決して高給が見込めるわけではありませんが、スポーツが好きという理由で働く人が大勢います。

フリーのスポーツインストラクター

フリーで働く場合は、安定するまでは大変で収入がなくなってしまうという恐れもありますが、自分のペースで働けるという魅力があります

フリーのインストラクターは、1時間あたり3000〜5000円が相場となっており、週12本程度のレッスンで月15万〜24万円ほどとなります。

知名度や人気によって、契約金額がさらに高い場合もありますし、契約本数によっても月収は大きく異なりますが生活をするにはいくつも掛け持ちをする必要があり、クラブや教室の集まる大都市でなければフリーで働くのは難しいでしょう。

フリーの場合は集客力がそのまま収入に響き、お客さんが集まらなければ、時給も下がる厳しい世界であるため。他のインストラクターにはない指導方法や楽しい指導方法などを考え、人気を集めていくことが大切です。

手広く教室を展開したり、人気が出てメディアで活躍するようになれば、年収1000万円を超えるケースもあるようです。

スポーツインストラクターが収入を上げるためには?

スポーツインストラクターとして人気がでたり、専門的な資格を取得するなどして高い知識などが認められれば、次第に昇給していきます

たとえば

  • アシスタントマネージャー
  • マネージャー
  • チーフマネージャー

と地位もアップして給料も上がります。

また、フリーとして独立する道や、スポーツトレーナーに転身する方法もあります。

スポーツインストラクターは若いうちしか働くことが難しいため、

  • 自分がどの分野で活躍したいか
  • どのようにキャリアを重ねていくか

を早いうちから考えておいた方がよいでしょう。

スポーツインストラクターの給料・年収のまとめ

各社の統計データをもとに算出すると、ボーナスが年間でおよそ3ヶ月と考えると月額総支給額は21万円、ボーナスは年間60万円ほど支給されていると考えられ、平均年収は320万円前後となると思われます。

社員の場合、初任給は17万〜20万円くらいで、年収は200万〜300万円くらいが相場となっています。

スポーツインストラクターの場合、各種保険など一般的な福利厚生に加えて、自社のスポーツクラブや保養施設を自由に使えるところが多いようです。

スポーツインストラクターとして人気がでたり、専門的な資格を取得するなどして高い知識などが認められれば、次第に昇給していきます。