女性のスポーツインストラクターのキャリアパス・結婚後の生活

スイミングやエアロビクス・ヨガなどは、女性が中心のスポーツのため、スポーツインストラクターの7割は女性です。

また、現場で働けるのは約30代半ばまでといわれ、結婚して退社したり30歳前後で転職したりする人も少なくありません。

ただし、働き方を変えることでスポーツインストラクターを続けていくことは十分可能です。

この記事では、女性のスポーツインストラクターのキャリアパス・結婚後の生活について解説します。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

女性のスポーツインストラクターの現状

現在、全国で働いているスポーツインストラクターの7割は女性といわれています。

中学や高校、大学などでスポーツ経験のある女性が、専門学校やアルバイトを経てインストラクターになるケースが多いです。

また、フィットネスクラブやスポーツジムで、アルバイトをしている女性も多くいます。

スイミングやエアロビクス・ヨガなど専門種目の場合、その多くは女性が中心のスポーツのため、必然的に女性インストラクターも多くなっています。

女性のスポーツインストラクターの強み・弱み

女性のスポーツインストラクターの強み

女性スポーツインストラクターは、スポーツ愛好家にとってチアリーダーのような役割をはたしていることがあります。

スポーツインストラクターは、フィットネスクラブやスポーツジム・ダンス・ヨガ教室に通う人々を元気づけて、楽しく安全にスポーツを行う環境の提供するのが第一の仕事です。

相手に合わせて親身に話を聞いたり面倒をみたりするのは、人付き合いがうまくコミュニケーション能力も高い女性の方が適している場合もあります。

女性のスポーツインストラクターの弱み

女性ならではの弱みとしては、男性に比べるとどうしても体力が劣ってしまったり、できる範囲が限られてしまったりすることがあります。

ただしスポーツインストラクターは指導やアドバイスをすることが、おもな仕事のため知識とスキルさえ身についていれば、男性と同様に活躍することは十分に可能です。

スポーツインストラクターの結婚後の働き方・雇用形態

スポーツインストラクターは、男女ともに働ける期間が短く、給料も同世代に比べて低めです。

スポーツインストラクターとして現場で働けるのは、約30代半ばまでといわれ、給料も一般企業のように上がっていかず、一生続ける仕事としては難しいのが現状です。

女性スポーツインストラクターの場合、結婚して退社したり、30歳前後で転職したりする人も少なくありません

また、ダンスやヨガなどの専門インストラクターは比較的年齢を重ねても続けやすいため、企業勤めをやめ独立したり、フリーになったりする人もいます。

スポーツインストラクターは子育てしながら働ける?

スポーツインストラクターは、体力を使う仕事のうえ、不規則な生活になりがちで子どもを育てながら続けるのは難しいといえます。

ただし、働き方を変えることで、スポーツインストラクターを続けていくことは十分可能です。

スポーツインストラクターは正社員以外にも多くの雇用形態があり、アルバイトとして一定の時間だけ働いたり、フリーランスとして都合のよい時間だけ働いたりできます。

また、子育てしていることを強みにして、子ども向けのスポーツ指導やママさん向けのトレーニングなどを専門に働く人も少なくありません。

スポーツインストラクターは女性が一生働ける仕事?

スポーツインストラクターは、女性だけでなく男性も一生働くことは難しい仕事です。

スポーツインストラクターとして現場で一生働きたいのであれば、フリーランスとして独立するか、スポーツトレーナーなどに転身し、より専門分野をもってそれに特化した指導を行うなどキャリアアップを考える必要があるでしょう。

女性のスポーツインストラクターのまとめ

スイミングやエアロビクス・ヨガなど専門種目の場合、その多くは女性が中心のスポーツのため、必然的に女性インストラクターも多くなっています。

スポーツインストラクターは正社員以外にも多くの雇用形態があり、アルバイトとして一定の時間だけ働いたり、フリーランスとして都合のよい時間だけ働いたりできます。

スポーツインストラクターとして現場で一生働きたいのであれば、より専門分野をもってそれに特化した指導を行うなどキャリアアップを考える必要があるでしょう。