スポーツインストラクターの勤務時間・休日

社員のスポーツインストラクターの場合、シフト制で働くのが一般的です。

フィットネスクラブやスポーツジムは、営業時間が長く、なかには24時間営業もあるため不規則になりがちです。

土日に利用者が多いことから平日休みが多く、休日は趣味でスポーツを楽しんだり、スポーツ観戦をしたりしています。

この記事では、スポーツインストラクターの勤務時間・休日について解説します。

スポーツインストラクターの勤務体系の種類

スポーツインストラクターの勤務体系は、勤務しているフィットネスクラブやスポーツジムによって違いますが、社員のスポーツインストラクターの場合、シフト制で働くのが一般的です。

1日の勤務時間は原則として8時間が基本ですが、フィットネスクラブやスポーツジムは、営業時間そのものが長いため、スポーツインストラクターの勤務も不規則になりがちです。

スポーツインストラクターの勤務時間

フィットネスクラブやスポーツジムは営業時間そのものが長く、平日の場合、早朝からオープンして深夜まで営業しているところが少なくなくありません。

なかには、24時間営業というところもあります。

営業時間中は、必ずスポーツインストラクターが現場に入らなければならないため、不規則な勤務時間になってしまうことはあらかじめ知っておきましょう

また利用者ありきの仕事のため、都合によっては残業しなければならないことも多々あります。

スポーツインストラクターの休日

スポーツインストラクターは、基本的に週休2日から1日というところがほとんどです。

利用者が通いやすいのは、やはり土曜や日曜などの週末です。

フィットネスクラブやスポーツジムが最も忙しくなるため、スポーツインストラクターは、シフトによって週末や祝日も出勤となり平日に休みを取るところが多いようです。

夏休みや冬休み、ゴールデンウィーク休暇も取れます。

しかし世間一般の長期休暇は、スポーツ施設にとっては繁忙期となり、多くの施設でイベントや体験キャンペーンなどを実施するため時期をずらして交代でとることになります。

フリーランスのインストラクターの場合、複数の施設を掛け持ちしていますので、年末年始を除き長期休暇をとるのは難しいですが、自分でシフトを管理すればスケジュールを調整することもできます。

スポーツインストラクターの残業時間

スポーツインストラクターは、

  • 現場での指導
  • 事務作業
  • イベントなどの企画・準備
  • フロント業務

なども行うため、どうしても勤務時間をオーバーしがちです。

また、施設の営業時間が長く、その間利用者が途切れるないため、一般的な施設のように仕事の区切りをつけにくい事情もあります。

スポーツインストラクターに夜勤はある?

契約社員やアルバイトの場合は、基本的に契約時間以上の残業はありません。

しかし、正社員として働くスポーツインストラクターは深夜の勤務に入ることもあります

フィットネスクラブやスポーツジムは24時間営業のこともあり、施設を無人にすることはできないため、シフト制で夜勤をするというところは少なくないようです。

スポーツインストラクターは忙しい? 激務?

スポーツインストラクターの仕事は、スポーツ指導のほかにも事務作業や施設に関する仕事などさまざまな仕事が多く、身体を動かすことが多いため、どうしても激務と感じる人が多いようです。

ただし、とにかく身体を動かすのが好きで、日々の疲れが苦にならないというような人は、スポーツインストラクターに向いているといえるでしょう。

スポーツインストラクターの休日の過ごし方

スポーツインストラクターの休日は、ゆっくりと体を休めるほか自分自身がトレーニングをするという人も多いようです。

スポーツインストラクターは仕事以外でも普段からスポーツに親しみ、仕事を離れた休日でも趣味でスポーツを楽しんだりスポーツ観戦をしたりする人が多くいます。

スポーツインストラクターの1日・生活スタイル

スポーツインストラクターの勤務時間・休日のまとめ

社員のスポーツインストラクターの場合、シフト制で働くのが一般的です。

フィットネスクラブやスポーツジムは営業時間そのものが長く、平日の場合、早朝からオープンして深夜まで営業しているところが少なくなくありません。

スポーツインストラクターは、基本的に週休2日から1日というところがほとんどです。

シフトによって週末や祝日も出勤となり平日に休みを取るところが多いようです。