スポーツインストラクターからの転職・転職状況は?

スポーツインストラクターは20代~30代の女性がおもに活躍しています。

そのため結婚や出産などで離職する人も少なくありません。

また、勤務時間の長さ・給料の安さ・客の勧誘ノルマの大変さから辞める人もおり、常に求人が出ている状況です。

スポーツインストラクターへ転職し、長く働きたい場合は、スポーツジムやフィットネスクラブでの仕事について、調べておく必要があるでしょう。

この記事では、スポーツインストラクターからの転職・転職状況について解説します。

スポーツインストラクターが今の職場を辞める理由で多いものは?

スポーツインストラクターは20代から30代がメイン

スポーツジムやフィットネスクラブで働くスポーツインストラクターは、20代から30代がメインです。

体力的な心配や待遇面での問題もあり、30代になると転職・離職する人が増えるようです。

職場や環境への不満

スポーツインストラクターは、資格がなくてもできる仕事で、都市部を中心に常に募集されているため、比較的簡単に就職できることから離職・退職を繰り返す人も少なくありません。

全国のスポーツインストラクターの7割が女性で、アルバイトとして働いている人も多いため、結婚や出産などのライフイベントを理由に退職する人は多いです。

また、スポーツジムやフィットネスクラブによっては、

  • 勤務時間の長さ
  • 給料の安さ
  • 客の勧誘ノルマの大変さ

など、職場への不満から辞める人もいるようです

長く勤めたいと思えば、応募するスポーツジムやフィットネスクラブでの仕事について、事前に調べておく必要があるでしょう。

スポーツインストラクターのつらいこと・大変なこと・苦労

スポーツインストラクターの転職で気をつけるべきこと(同業界・他業界)

同業界

同業界へ転職する場合、いくら経験を積み重ねたとしてもフィットネスクラブやスポーツジムごとに指導方法や指導するスポーツが変わることもあるので、注意が必要です。

もちろん経験を生かすことはできますが、また1から経験を積み勉強するつもりで頑張ることが必要です。

また、円満に退社することも重要です。

フィットネスクラブやスポーツジムは業界での出入りが激しいため、思わぬトラブルにつながりかねません。

同業へ転生する際は、立つ鳥は跡を濁さないようにすることが大切です。

他業界

他業種へ転職する場合は、スポーツインストラクターとしての接客経験やコミュニケーションの観点からアプローチするのがよいでしょう。

どれだけスポーツができたとしても、他業種では仕事に生かせないこともあるため、指導者としての立場から自己アピールをするとより効果的です。

スポーツインストラクターの職務経歴書の書き方ポイント

スポーツインストラクターの職務経歴書に書きたいポイントは、まずインストラクターとしてのスキルです。

履歴書に記載した方がよいもの
  • どのような職場でどんな人を対象にどのような指導をしたか
  • スポーツインストラクターに関する資格
  • スポーツ経験
  • スポーツ実績

また、人柄が問われる職業のため、利用者とのエピソードや困難を乗り越えたエピソードなど、自分らしさが伝わる部分を盛り込むとなお効果的です。

スポーツインストラクターから他の業界への転職はある?

スポーツインストラクターは、20代から30代がメインであり、他業種に転職する人は少なくありません

他業種の場合は、スポーツインストラクターの経験から接客や営業など、コミュニケーション能力を生かした仕事につく人が多いようです。

スポーツインストラクターの転職先はどのように探せばいい?

スポーツインストラクターの求人数は他の職業に比べると多く、離職や退職も多く入れ替わりが激しい業界のため、比較的容易に見つけられます。

求人サイトやハローワークのほか、大手のフィットネスクラブやスポーツジムの場合はホームページで募集していることもあります。

スポーツインストラクターからの転職のまとめ

スポーツインストラクターは、体力的な心配や待遇面での問題もあり、30代になると転職・離職する人が増えるようです。

他業種に転職する場合、スポーツインストラクターの経験から、接客や営業などコミュニケーション能力を生かした仕事につく人が多いようです。

スポーツインストラクターの求人数は他の職業に比べると多く、離職や退職も多く入れ替わりが激しい業界のため、比較的容易に見つけられます。