パーソナルフィットネストレーナー資格とは

パーソナルフィットネストレーナーは、アメリカの「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA=ネスタ)」という団体が認定するトレーナー資格のことをいいます。

また、健康増進や体力づくりを目的とした人を対象に、一人ひとりに合ったプログラムを作成して指導しており、世界の約20ヵ国で約5万人がトレーナーやインストラクターとして活躍しています。

この記事では、パーソナルフィットネストレーナー資格について解説します。

パーソナルフィットネストレーナーとは

パーソナルフィットネストレーナー(PFT)は、アメリカの「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA=ネスタ)」という団体が認定するトレーナー資格す。

「パーソナルフィットネストレーナー(PFT)」とは、健康増進や体力づくりを目的とした人を対象に、一人ひとりに合ったプログラムを作成して指導します。

お笑いタレントの小島よしおさんが、2014年10月に取得したことで話題になりました。

資格取得のメリット

現在は、世界の約20ヵ国で約5万人が、トレーナーやインストラクターとして活躍しています。

スポーツインストラクターになるため、決して必要な資格ではありませんが、スポーツジムやフィットネスクラブなどの採用試験で、この資格を取得しているとアピールできます

資格取得の条件と方法

認定試験を受けるために必要な定期的なトレーニング
  • PFTテキストを購入して勉強すること
  • CPR(心肺蘇生)
  • AED(自動体外式除細動器)

上記の定期的なトレーニングを積んでいるうえで、

  • 1年以上のパーソナルトレーナー、インストラクターなどの実務経験がある
  • 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務がある
  • 体育系の大学か、専門学校を卒業している
  • NESTAの認定する養成講座、養成コースを受講している

といった条件の最低1つを満たしていると養成講座を受講できます。

資格取得のための養成講座と認定テスト

養成講座には、ゼミコースとWebコースがあります。

ゼミコース

ゼミコースには、

  • ショートコース(2日で16時間 約10万円)
  • ロングコース(4日で32時間 約12万円)

があり、東京と名古屋、大阪で開講されます。

東京、横浜、大阪では養成講座(全40回60時間 約41万円)も開講されています。

Webコース

Webコースは、毎週20〜30の問題に解答し、添削をしてもらうコースです。

終了までに2〜3ヵ月かかり、自分の知識や経験・時間・費用などを考えて選ぶことになります。

認定試験は、2日間にわたって行われます。

1日目は8時間の事前講習です。総復習を行います。

2日目は2時間の認定試験です。4択式の問題が125問出題され、100問以上の正解で合格となります。

パーソナルフィットネストレーナー資格とはのまとめ

パーソナルフィットネストレーナー(PFT)は、アメリカの「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA=ネスタ)」という団体が認定するトレーナー資格です。

スポーツインストラクターになるため、決して必要な資格ではありませんが、スポーツジムやフィットネスクラブなどの採用試験で、この資格を取得しているとアピールできます。

パーソナルフィットネストレーナー(PFT)の認定試験を受けるには、PFTテキストを購入して勉強すること・CPR(心肺蘇生)・AED(自動体外式除細動器)について、定期的なトレーニングを積んでいることが必要です。

「パーソナルフィットネストレーナー資格の取得したい」と本気で考えている人は、資格取得に強いスポーツの専門学校に相談してみるとよいでしょう。

ヒューマンアカデミーではプロによる指導で、パーソナルフィットネストレーナー資格取得に向けたサポートを受けられます。

資料請求は、完全無料になっていますので、少しでも資格取得を考えている人は、まずは無料資料請求してみてください。

※入学願書の受付は4月1日時点で満18歳以上の方が対象です。