スポーツインストラクターの就職先・活躍の場

就職先の中心はスポーツクラブやフィットネスクラブ

スポーツインストラクターの活躍の場は、主にフィットネスクラブやスポーツジムです。

会社との契約内容によって社員、契約社員、アルバイトなどの違いはありますが、仕事の中心は、そうした施設の利用者を対象にスポーツの指導とサポートを行うことです。

新しく利用者が来ると、最初にカウンセリングをします。クラブに入会する理由や目的、身体の状態などについて話を聞き、その人に適したトレーニングメニューを作成します。

そして、メニューに沿って運動のし方や器具の使い方などを指導していきます。

社員は、勤務時間が決まっています。基本的には、その勤務時間内に利用者への直接指導を行うと同時にクラブやジム全体の運営にも関わります。

利用者向けの運動プログラムを考えたり、生徒の募集、イベントの企画や準備、フロント業務、事務作業、アルバイトの管理なども他の社員と協力したり、分担して行います。

最近は市町村の体育館や公共施設で働く人もいる

フィットネスクラブやスポーツジム以外では、ホテルのジムや街のスイミングクラブ、ダンス教室、エアロビクス教室などで働く人もいます。

さらに、近年は健康ブームやダイエット、メタボ対策によって、市町村の体育館や公共施設、福祉施設で働くスポーツインストラクターもいます。

フリーのインストラクターには、いくつものクラブを掛け持ちしている人もいます。ユニークな指導法や熱心な指導で人気が出ると、契約料が上がったり、自分でスクールを開講する人もいます。