歯科医師(歯医者)の給料・年収

歯科医師(勤務医)の給料、年収

地域や経験にもよりますが、常勤の歯科医師の場合の月給は30万円〜50万円くらいが一般的です。これに賞与が加わり、450万円〜800万円ほどの年収になります。なお、初任給は月給23万円〜30万円ほどのところが多いようです。

ただ、近年は年収が200万円〜350万円程度とワーキングプアにあたる歯科医師も増えていると言われています。

歯科医師(開業医)の給料、年収

開業医の収入は人によってさまざまですが、医院経営をうまく回せる人の場合は、1000万円を超える年収の人も珍しくはありません。ただし、開業医となると歯科医師としての技術の他に、経営に関するセンスや知識が必要となります。

開業をし、上手く軌道に乗れば、かなりの年収となりますが、歯科医院の競争は激化しており、経営が厳しいところも数多くある状況です。また、保険外診療となる治療法の勉強をし、取り入れることも欠かせません。

専門技術を持つ人は給与も高い

歯科医師として高い給与をもらうためには、新しい知識を取り入れ、技術を向上させる努力が必要となります。この努力があって初めて、歯科医師は平均以上の給与をもらうことができます。

たとえば、歯列矯正やインプラントなどの専門技術(保険外診療)を持ち、顧客を多く抱えるようになれば、雇われの勤務医であっても高い給与を得ることができます。実際、医院の中には顧客数や治療数によって給与や賞与が大きく変わるところもあるそうです。

公立病院の歯科医師は公務員

大学病院を含む国公立の病院に勤務する歯科医師は公務員扱いになります。難しい治療をしても飛び抜けて高い収入を得ることはできませんが、安定した収入と雇用が約束されています。

歯科医師の平均年収統計

厚生労働省の平成24年度賃金構造基本統計調査によれば、歯科医師の平均年収は、34.8歳で679万円ほどとなっています。

・平均年齢:34.8歳
・勤続年数:4.9年
・労働時間:164時間/月
・超過労働:1時間/月
・給与月額:512,400円
・年間賞与:645,200円
・平均年収:6,794,000円

出典:厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。

歯科医師の年収(規模別)

歯科医師の多くは小規模の診療所で働いているため、規模別では10〜99人に属する人がほとんどです。1,000人以上の規模は勤務医となり、開業医がほとんど含まれないため、年収は低めとなっています。

10人〜99人の事業所に勤める歯科医師の年収は747万円、100〜999人は647万円、1,000人以上は557万円となっています。
歯科医師の年収(規模別)_24

歯科医師の年収(年齢別)

統計上若干のばらつきはありますが、一般的には年齢の上昇とともに給与も上がっています。男性と女性を比較すると、全体的には女性の年収のほうが低い傾向にあります。

最も年収が高い年代は45〜49歳となっています。
歯科医師の年収(年齢・男女別)_24
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加