歯科医師の需要・現状と将来性

歯科医師の現状

近年歯科医師は供給過多で、歯科医師余りの時代に入ったと言われています。

実際、歯科医師国家試験には毎年2,300人程度の人が合格し、歯科医師免許の交付を受け、歯科医師として仕事ができるようになります。

定年がないこともあり、歯科医師免許を持つ人数は増える一方であり、今後も日本全体の人口減を考慮すると、歯科医師過剰問題は簡単には無くならないと言われています。

そこで、歯科医師はいかにして他の歯科医師やクリニックとの差別化を図り、患者さんに支持してもらえるかが大きな課題となっています。

審美歯科、矯正歯科、小児歯科など、専門分野を持つ歯科医院が増えているのはそういった理由もあると言われます。

また、CTやAIの進化によりこれまでは目で視て治療に当たることが難しかった病状や病態の確認が簡単にできるようになり、20年後、30年後はより正確な診察ができるようになるのではと言われており、ますます生き残りをかけた特徴あるクリニックづくりが肝要になる時代と言えそうです。

歯科医師の需要

「歯」や「口腔」という、人が生きていく上でも重要な器官を扱う歯科医師の需要は、決してなくなりません。

しかし近年、歯科医師のレベル低下、歯科医師余りが問題となり、新規の歯科医師は一昔前に比べ、仕事がしにくい状況であるとも言われます。

特に、都心部などで開業を考える場合は供給過多の問題から、経営が立ち行かなくなる場合があります。

隣近所の歯科クリニックと同じことをやっていても、患者さんからは選ばれないという大変な競争を強いられることになる地域も確かにあります。

しかしながら、人々の健康とは切っても切り離せない歯や口腔の健康を守る歯科医師の需要は、どの時代どの地域であったとしても基本的に需要はありますし、地方に行けばまだまだ歯科医師が不足しているところはたくさんあります。

実際、潜在需要を掘り起こせるだけの技術があれば、十分にやっていけると言う歯科医師も多くいます。

歯科医師の将来性

歯や口腔の健康を守る歯科医師という仕事は今後もなくなりません。

丁寧な仕事をして通ってくれる患者さんがつけば、安定した収入が見込め、クリニックの経営は安定します。

しかし、供給過剰傾向がある現状においては、歯科医師になりさえすれば安泰というわけではありません。

近年はインターネットの発達により、SNSや口コミサイトなどで歯科クリニックだけでなく、歯科医師自身の評判がすぐに伝わるようになっています。

他の歯科クリニックと技術や雰囲気、サービスをを比べるのが容易になってきていますので、歯科医師として続けたいのであれば常に技術を磨くこと、患者さんにとって通いたいと思える歯科クリニックを作る努力が必要となります。

歯科医療の現場では、40歳を超えると独立開業を志す歯科医師が多くいます。

しかし、近年独立開業したものの、顧客が来ずに廃業に追い込まれる歯科医院も増えています。

というのも、現在は自然人口減の時代です。

また、たいていの地域には歯科医院が幾つもあり、医師があふれている状況です。

住宅団地が建ち始めている地域や人口が増えている場所に開業できれば別ですが、そうでない限りはよほどの腕、そして経営手腕がないと厳しいというのが現状です。

実際、医療関係事業の年間倒産件数の約4割が歯科クリニックだと言われています。

歯科医師の活躍の場

6年制大学の歯学部や歯科大学を卒業し、歯科医師免許を取った後の就職口として一般的なものは歯科医院や大手総合病院ですが、歯科医師になったからと言って、病院に勤めなければならないということはありません。

これらの医療機関のほかにも、大学などの教育機関、研究所、画像診断センター、厚生労働省などの行政機関、化粧品会社、製薬会社などに勤務する歯科医師もいます。

また、歯科医師としての道ではなく、歯科麻酔専門医として大学病院や総合病院などの口腔外科で活躍する人もいます。

上記のように、ニュースなどで歯科医師過剰が取りざたされることもたびたびあり、先行きの暗い印象を持ってしまいがちではありますが、実際には求人は常にある状態のため、就職先が見つからないということはほとんどないと言えそうです。