歯科医師の1日のスケジュール・生活スタイル

歯科医師の業務スケジュール

6年制大学の歯学部や歯科大学を卒業後、歯科医師免許を取得した歯科医師は1年間の研修医期間を経て、街の歯科クリニックや診療所、もしくは大学病院や騒動病院に勤務します。

働き方は勤務先の歯科クリニックや大学病院などによっても異なりますが、どのような流れで1日の業務を進めているのでしょうか。

まず、開業医を含む歯科クリニックに勤務する歯科医師の場合、診察は基本的に予約制で当たるため、患者さんが遅れてきた場合や、新患などの飛び込みの患者さんが入った場合を除いて、予定の時間から大きくずれることはありません。

比較的定時に帰りやすく、時間的に見通しの立つ仕事です。

一方、重症な病態を抱える患者さんや複雑な症状の患者さんなど、チーム医療で進める大学病院や総合病院などで勤務する歯科医師は、休日出勤や夜勤などが発生する場合もあります。

歯科クリニックで働く歯科医師の1日

ここからは、歯科クリニックで働く歯科医師の1日の流れを紹介します。

08:20 出勤
白衣に着替え、今日の患者さんのカルテを確認します。
08:40 準備、全体ミーティング
来月から新しく導入する器械について器械担当の営業さんが説明に来ます。
09:30 診察開始
祝日明けなので、患者さんが多めです。
13:30 午前の治療終了
急患と新患が入ったため、午前診がいつもより長引いてしまいました。
14:00 休憩
夜診までの間、長めの休憩には今度の学会のための準備をします。
午前診療が長引くと、お昼の休憩が短くなることもあります。
16:00 夜診の準備、全体ミーティング
ミーティングでは業務において気になった点や確認事項などが共有されます。
16:30 夜診察開始
矯正科の患者さんが多く増える時間帯です。
20:00 夜診察終了
書き切れなかったカルテを整理し、検査のオーダーなどを出します。
20:30 退勤
器具や洗浄の器械などを確認し、退勤します。

昼休みは大切な休憩時間

大半の歯科医院は、30分ないしは1時間刻みで複数の患者さんの治療予定を組みます。

歯科医師は、歯科衛生士さんや歯科助手の助けを借りながら、効率よく、そして手を抜かずに時間内に治療をすることが求められます。

治療によっては複雑なものや時間がかかるものもあります。

0.1ミリの世界を扱うため、非常に神経を使い、気を抜くことはできません。

そのため、昼間の休憩時間に仮眠を取る歯科医師もいます。

夜は学会や研究会に参加する

通常何もなければ定時に帰宅できますが、夜間は難しい患者さんの治療計画を立てたり学会や研究会に参加したりと、勤務時間外にも仕事をすることが多々あります。

一般的に、大きな学会は週末に行われることが多いですが、学会や研修会は水曜日の夕方、もしくは平日の19時以降のことも少なくありません。

熱心な歯科医師ほど多くの学会や勉強会に参加していますから、その分、夜は遅くなりがちです。

大学病院で働く歯科医師の1日

大学病院や総合病院で勤務する場合には、歯科医院よりも診療や臨床に当たる時間が短くなり、その代わり研究や教育関連の業務が午後に入ってきます。

大学病院や総合病院では、歯科クリニックに比べ、歯科医師や歯科衛生士などスタッフの数が大幅に増え、チーム医療で治療に当たります。

さらに、学術・研究協力の同意が得られた患者さんには、付属の歯科大学や歯学部の5、6年生が実習に来た際、歯科医師の指導のもとで診察を行うこともあります。

次に、大学病院で働く歯科医師の1日を紹介します。

08:30 出勤
来院予定の患者のカルテをチェックし、夜勤担当の先生と軽く情報共有をします。
08:50 全体カンファレンス
歯科医師、歯科衛生士、歯科助手や看護師などチームがそろい全体カンファレンスを行います。
09:15 診察開始
今日は朝から実習の歯学部6年生が見学に来ています。

学生はまだ免許を持っていないので、削るなどの施術はできないため、診察の際に診たりメモをしたりといった立ち合い勉強をします。

13:30 昼休み
薬剤部に出かけていたらお昼をしっかりとれないまま昼休みがほとんど終わってしまいました。
15:00 休憩
付属の歯学部の授業に出向き、歯学部生に臨床科目を教えます。

試験が近いためか、今日はほぼ全員が出席していました。

18:00 学会準備
大学病院に勤務する歯科医師は基本的に研究と臨床をどちらも行っています。

診療や授業の合間、空き時間や診察後の時間を使って学術研究の時間に充てることが多いようです。

学会発表の準備のため、データの収集や分析、研究方針の見直しなどをしています。

21:00 業務終了
やっと帰宅できます。

歯科医師の勤務時間・休日