歯科医師のやりがい・楽しさ・魅力

歯科医師のやりがい・楽しさ

患者さんに感謝されること

歯は皮膚などとは異なり、一度大きく損傷すると自然に再生したり、治癒したりすることはありません。

そのため、今ある歯をいかに大切に使うか健康なまま残すか、適切な治療をして口腔内の不具合を解消するかが大事になります。

また、歯の不具合はたとえそれが小さなものであったとしても違和感や不都合を感じる人は多く、食事が食べられないなど、深刻な悩みに発展しやすいものです。

歯科医師は、人々の日々の生活に直結する体のいち部分を治す医者として、患者さんのために最善を尽くすことができます。

自分の治療によって感謝されることは、歯科医師が何よりもやりがいを感じる瞬間です。

難しい治療がうまくいくこと

歯科医師は、口の中の小さな部位を繊細な治療によって根治させます。

「歯科医師は職人である」という人もいるほど、治療内容によっては非常に難しい作業が続き、時間や神経を使うことにもなります。

また、なかには技術的に個人の歯科医師では対応できないような治療もあります。

難しい治療、手に余ると思っていた治療が見事に完了できたときには、歯科医師としての技術力の向上やレベルアップを感じ、やりがいとともに充足感を得ることができます。

口腔を整えることによって全身の健康改善に貢献できる

歯をはじめとする口腔器官は、食事をするうえで非常に大切な器官です。

歯や歯茎、口内が健康であることは、全身の健康の維持、病気の予防などにつながることも近年明らかになっています。

噛み合わせを治療することは頭痛や肩こり、慢性疾患や慢性疲労などを良くすることにつながり、虫歯を治療することは痛みを取り除き、健康に食事ができる健康的な毎日につながります。

歯の治療を通じ、身体に生じていたさまざまな不調を取り除き、患者さんが元気になる姿を見られることは、歯科医師としてなによりのやりがいであるといえるでしょう。

歯科医師の仕事内容

歯科医師の魅力

専門性の高い分野で仕事や研究ができる

口腔や歯を診察し、治療をすることは、歯科医師免許を持ち専門知識や技術を身につけた歯科医師にしかできません。

歯科をはじめ、医療の世界は日進月歩で進歩しています。

だからこそ、歯科医師は臨床医として診察や治療にあたるだけでなく、学会や各種勉強会や講演などに出席し、チャンスがあれば自らが発表者となって自分の研究の精度を高めていくことも必要となってきます。

学生時代よりも歯科医師として働き出してからの方がよく勉強していると話す歯科医師は多く、大変な仕事であることは間違いありません。

しかしながら、その分、常に向上心を持って一生向き合える仕事です。

難しい症例などで困る患者さんの難しい治療を根治できた時など、歯科医師としての技術力の向上やレベルアップを実感できるでしょう。

経営者としても経験を積める

歯科医師は、開業がキャリアの先にある可能性の高い医療職のひとつです。

歯科クリニック開業の際には、器械や器具をはじめとするさまざまな設備を整えるために多くの資金が必要となり、また、経営管理能力、マネジメント・指導力などのビジネスセンスも必要になってきます。

開業医には、歯科医師としての専門スキル以外に経営スキルが求められますが、開業医として成功すれば高額な年収を得ることも夢ではありませんので、その点にいち経営者として魅力を感じる歯科医師もいるでしょう。