歯科医師に向いている人・適性・必要なスキル

歯科医師に向いている性格・適性

歯科医師には、複雑化する医療現場において、ますます患者さんとのコミュニケーションやインフォームドコンセントに基づく治療を行うといったことが求められるようになってきました。

細かな作業が得意な人

歯科医師は歯を削ったり、噛み合わせを調整したりと、非常に細かな作業をする必要があります。
特に噛み合わせの調整では、0.1ミリ単位での作業が必要となるため、細かな作業が得意な人や几帳面な人が向いています。

集中力のある人

歯科医師の仕事は「歯」という自力での再生が不可能な部分を扱います。

また、虫歯などに代表される歯科疾患は非常に小さく細かな作業が必要となります。

粗雑な治療を行うとそれが原因で余計に症状が悪化することもあります。

少し間違えると大問題に発展する仕事のため、高い集中力が求められます。

勉強(研究)熱心な人

歯科医師にとって最も一般的な仕事は「歯の治療をすること」です。

やはり、知識や技術が最も重要であることは間違いありません。

口腔内の治療は一通りではありません。

患者さんの状態、症例によって治療方法は異なります。

疾患に対して型通りの治療をすればよいというわけではなく、患者さんの求めに応じてさまざまな処置を施す必要があります。

また、技術の進歩によっては新しい資材や治療法を取り入れることも必要です。

患者さんから頼られる歯科医師となるには、歯科医師になった後も専門誌などで知識を得たり技術講習に行ったり研究を続けたりと、向上心を持って勉強熱心でいることが大切です。

他人の立場に立って考えられる人

歯科医師は患者さんの感じる歯の不具合を治すのが仕事です。

データ上の正解が正しいわけではありません。患者さんがどう思うかが一番大切となります。

そのため、人の話をよく聞いて、相手の気持ちを汲み取り、その人の立場に立ってものを考えられる人のほうが向いています。

歯科医師になるには? 必要な資格や免許は?

歯科医師に必要なスキル・能力

歯科医師は、歯科口腔治療の専門家として、患者さんの歯や口腔の健康に直接影響する治療行為を行うため、知識や向上心に加え、最終的にはやはり人としての誠実さなども求められます。

また、勤務先によっては患者さんに対するコミュニケーションスキルなども合わせて求められることになるでしょう。

自分の適性や好みなどを自分で客観的に分析してから求人などを確認し、求められる条件と自分のキャリアを確認することで、自分に足りないスキルなどが明確になるでしょう。

周囲から信頼される人柄のよさ

歯科クリニックを開業し、院長、つまり経営者となれば経営者としての力が求められます。

経理面の管理能力だけでなく、歯科クリニックを構成する、歯科衛生士歯科助手歯科技工士などと十分連携を取って治療にあたることになります。

治療、経営管理、人材管理など全てをうまく行うことは大変なことですが、非常にやりがいのあることでもあります。

手先が器用

暗くて狭い口の中で、鋭利な器具を使って手際よく短時間で治療する必要があるため、ピンポイントに治療する歯に触れるための器用さが求められます。

歯は一度削ってしまえばもう元には戻らないため、細かい作業を正確に行う慎重さや集中力も不可欠です。

歯科医師に向いていないのはどんな人?

人の健康や身体の中の、特に歯や口腔に関する病態や悩みなどに関わることが多い歯科医師は、知識や技術、経験だけでなく患者さんやコメディカルのチーム内で信頼関係を築くコミュニケーション能力も求められます。

特に歯科医師自身が経営者となり、歯科クリニックを作っていく立場にある場合はひたすら治療や処置にのみ注力していればよいものではありません。

患者さんに寄り添う心やコミュニケーションを取ろうとする人柄など、安心して治療を任せたいと思わせる何かがなければ、昨今はいくらでも他の歯科クリニックを選択してしまえます。

そういった意味では、技術や向上心はさることながら、人に関心がなかったり、そもそも他者と関わるのがあまり好きではない人には歯科医師として臨床に当たることは難易度が高く感じられるかもしれません。

また、細かな知識をこつこつと重ねていくことや日々同じことを慎重に繰り返す作業などがあまり得意でない場合も、歯科医師として勤務する際には不安材料のひとつになる可能性があります。

また、歯学部の受験を考えていて、自分が歯科医師に向いているのかを知りたい人は、一度歯学部専門予備校の無料受験相談を受けてみることをおすすめします。

中でも、「授業をしない塾」として知られる武田塾医進館では、88%の生徒が偏差値11以上アップさせることに成功しているだけではなく、生徒一人ひとりと向き合って指導してもらうことができます。

受験相談は完全無料となっているため、歯学部に進学するのか悩んでいる人は、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。