歯科医師国保とは? どんなメリットがある?

歯科医師国保とは

歯科医師国保とは、職域国保と言われる国民保険の一種です。

職域国保は特定の職業の人たちが組合を作って運営する保険で、国保(国民健康保険)から独立した保険になります。

医療機関を受信した際の負担は国保や協会健保(社会保険)と変わりませんが、掛け金が安かったり、検診が充実していたり、健康記念品がもらえたり、医療費や出産費用の貸付があったり、インフルエンザの補助金が出たりと、さまざまなメリットがあります。

歯科医師国民健康保険制度とは

社会保険とは、健康保険や厚生年金、雇用保険・労災保険などを指します。

中でも健康保険は医療保険制度の運営者である保険者と被保険者により、数種類が存在します。

その中のひとつがここで説明をする、「歯科医師国民健康保険制度」であり、通称「歯科医師国保」と呼ばれている国民健康保険の一種です。

「歯科医師国保」は、歯科医院で働く歯科医師や歯科衛生士歯科技工士歯科助手、受付などの従業員、さらにその家族が加入できる医療保険制度です。

歯科医師国保は全国に20組合以上あり、地域によって加入できる歯科医師国保が異なります。また、掛け金や保障内容はそれぞれの歯科医師国保によってまちまちです。

保障内容の例

全国歯科医師国保の場合で見てみると、歯科医師国保(歯科医師国民健康保険組合)の中でも最大手である全国歯科医師国民健康保険組合の保障内容(医療費負担以外)については補償内容の一例は以下のようになっています。

かなり充実した補償内容であることがわかるのではないでしょうか。

・節目検診の費用補助(該当者に30,000円まで/人の補助)
・インフルエンザ予防接種費用補助(2,000円まで/人の補助)
・高額療養費資金貸付制度
・出産費資金貸付制度
・後期高齢者組合員保険事業(疾病見舞金、死亡見舞金)
・健康家庭表彰(3年間、1度も保険給付を受けなかった世帯に記念品を贈呈)

参考:全国歯科医師国民健康保険組合ホームページ

注意したいポイント

歯科医師国保は一般的な国保と同じように使うことができますが、ただ一点、自分が勤務している診療所での治療には適用できません。

もちろん、自分が勤務している診療所以外の歯科医院では使用できます。

そのため、勤務診療所で歯の治療を行う場合は、材料費のみ、技術費をサービスなど、医院によってさまざまな対応がされています。

歯科医師国保は加入する方が得?

歯科医師国保の保険料は、一般的に所得の金額に関わらず同じ組合の中では一律となっています。

そのため、人によって保険料の金額が変わる健康保険よりも、結果的に保険料負担が少なく済むことも少なくありません。

しかし、社会保険などにはある「扶養」の考え方が歯科医師国民健康保険にはなく、複数人の子供を扶養している場合などは人数分の加入が必要になるため、健康保険よりも保険料が高くなってしまうことがあります。

上記の通り、歯科医師国民健康保険制度について述べてきましたが、歯科医師国保に加入する方が得なのか、それとも損になってしまうのかは、就職を検討している歯科医院が加入している組合の保険条件や内容、保険料負担の割合、自身の扶養状況などにより、得な人もいれば損になってしまう人もいるのでしっかり検討することが必要です。

しかしそれは、他の医療保険制度においても起こりえることといえますので、入職後に困ることのないよう、事前に歯科医院が加入している医療保険制度について問い合わせ、保険内容についてきちんと理解しておくとよいでしょう。