歯科医師の1日

歯科医師勤務(開業医含む)の一日

歯科医師の場合、基本的に治療は予約制のため、患者さんが遅れてきた場合や飛び込みの患者さんが入った場合を除いて、大きく時間がずれるということはありません。そのため比較的定時に帰りやすい仕事と言えます。

【勤務例】
8:20 出勤
8:30 準備、全体ミーティング
9:00 治療開始
12:30 午前の治療終了
12:30〜14:30 休憩、資料作り
14:30 準備、全体ミーティング
15:00 治療開始
18:30 午後の治療終了
19:30 帰宅

昼休みは大切な休憩時間

大半の歯科医院は、30分ないしは1時間刻みで複数の患者さんの治療予定を組みます。歯科医師は、歯科衛生士さんや歯科助手の助けを借りながら、効率よく、そして手を抜かずに時間内に治療をすることが求められます。

治療によっては複雑なものや時間がかかるものもあります。0.1ミリの世界を扱うため、非常に神経を使い、気を抜くことはできません。そのため、昼間の休憩時間に仮眠を取る医師も多いと言われます。

夜は学会や研究会に参加する

通常何もなければ定時に帰宅できますが、夜間が自由時間かといえばそうでもなく、難しい患者さんの治療計画を立てたり学会や研究会に参加したりと、勤務時間外にも仕事をすることが多々あります。

一般的に、学会や研修会は水曜日の夕方、もしくは平日の19時以降のことが多いと言われています。熱心な歯科医師ほど多くの学会や勉強会に参加していますから、その分夜は遅くなりがちです。

仕事体験談