司法書士への転職

未経験から司法書士をめざす

司法書士として働くためには、司法書士試験に合格しなければなりません。

司法書士試験は非常に難易度の高い資格であるため、資格取得スクールなどを活用しながら勉強をするケースが多くみられます。

一方で、司法書士事務所などで事務職として実務経験を積みながら、資格合格を目指すというケースもあります。

事務所の中には、事務職には特に資格を目指している人を求めていないというケースもあるため、志望する事務所がどのような人材を求めているのかどうかを求人内容や面接を通して理解することが必要です。

資格取得を目指す人を歓迎する事務所もあるため、そういった求人に積極的に応募し、それまでの社会人経験で培った能力を活かせることをアピールすることが必要でしょう。

求人の探し方

司法書士事務所等の求人は、主に各事務所のホームページ上の求人情報から事務所に直接連絡する、各都道府県の司法書士会に掲載されている求人情報から探す、ハローワークの求人情報から探す、資格取得スクール主催の事務所の合同説明会への参加、エージェント会社を利用する、といった方法があげられます。

有資格者への求人は比較的多い

難関資格であるため、有資格者への求人は比較的多いといわれています。

また、資格はもっているけれど司法書士としての経験がない場合には、それまでの社会人経験で培ってきた事務処理能力やコミュニケーション力等を活かし、貢献できること、人間性をアピールする必要があります。

司法書士業務の経験や実績があれば、女性の方で一旦子育てなどで職場を離れた場合や、年齢が高い方であっても、採用される可能性があるため、積極的にチャレンジするといいでしょう。

キャリアプランを明確にする

司法書士事務所の場合、登記を中心に扱っている事務所と、裁判業務を中心に扱っている事務所、また大手事務所の場合はどちらも扱っている事務所などさまざまです。

また、小規模事務所の場合、役割が分担されず、一連の業務全てを担当することになり、大規模事務所の場合には役割分担が明確になっていて、一定の業務のみを担当するということもあります。

自分が司法書士として、どのような業務に携わり、将来どのような司法書士になりたいのかなどキャリアプランを描き、そのプランに沿った経験を積むことのできる就職先を探すことが大切です。