このサイトは弁理士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「弁理士」

仕事内容
弁理士とは、「特許」「実用新案」「意匠」「商標」といった知的財産のスペシャリストであり、それに関する法律や専門知識を生かして仕事をする人のことをいいます。具体的な業務内容は、知的財産を権利化する際における特許庁への出願手続きの代理、知的財産がすでに登録されていないかについての調査、企業に対して特許戦略のコンサルティング等となります。知的財産にまつわる法律や手続きはたいへん複雑であるため、弁理士は依頼人から依頼を受け、権利取得から問題解決までの手続きすべてを代理します。
なるには
弁理士の多くは特許事務所で働いていますが、弁理士として働くには国家資格である弁理士の資格取得が必須となります。弁理士資格を得るための方法はいくつもありますが、代表的なのは毎年行われる弁理士試験を受けて合格することです。この試験には受験資格がとくに設けられていないものの、司法試験に次いで難易度が高いともいわれており、多くの受験者が大学や大学院の出身者となっています。独学での合格は難しく、特許事務所に見習いとして勤務しながら専門学校やスクールに通い、何年もかけて合格を目指す人も少なくありません。
給料
弁理士は、個々のスキルがそのまま成果に表れやすい仕事とされており、給料は人によって大きく差が出ます。特許事務所に勤務する弁理士の平均年収は700万円程度といわれ、一般的な会社員より高めの収入となっていますが、1000万円以上を安定して得ている人もいます。また、経験を積んで独立開業することでさらに多くの収入を得ることも可能です。一般的には、中小の事務所よりも大手事務所のほうが給与水準は高めとなっており、見習いからスタートしても、弁理士資格を取得することで手当が5万円〜10万円ほど上乗せされるケースが多いようです。
将来性
グローバル化が進むなか、最近の弁理士業務では国際出願やコンサルティングに関するニーズが急増しているようです。一方、長引く不況によって、国内における特許等の出願手続きは弁理士に依頼せず社内で完結させる企業が増加傾向にあるため、いかにお客さまのニーズに的確に応えていけるかが、これからの弁理士として成功するための重要なポイントといえるでしょう。現在、特許事務所や弁理士は東京をはじめ都市部に集中していますが、近年は地方での弁理士の需要が高まっており、あえて各地域で独立開業することで大きく成功している人もいます。