このサイトはパラリーガルを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「パラリーガル」

仕事内容
パラリーガルとは、一般的に法律事務所等に勤め、弁護士の指示・監督の下で、法律業務を行う法律事務員をいいます。明確な定義はなく、法律事務所や司法書士事務所などに勤める弁護士や法律家の秘書や法律事務職員、また一般企業の法務部の社員などを幅広く含んでいます。仕事内容は、勤務先によって大きく異なりますが、弁護士のスケジュール管理や来客対応といった秘書業務から、訴状や契約書のドラフト作成、契約書の翻訳、判例の検索といた法律事務まで幅広く行います。
なるには
パラリーガルになるには、特別な学歴や法律資格が必要ではありません。法律事務所等で働き、弁護士の指導・監督の下で法律事務を行うことでなることができます。一方で、法律事務職であるため、一定の法律知識や法律事務所での経験が優遇される世界です。未経験からパラリーガルを目指す場合、弁護士秘書として入所し、秘書業務を行いながら、業界や法律用語、裁判手続といった専門的な業務の流れを学び、徐々に法律事務の仕事の幅を広げながら、パラリーガルへと転身をはかるケースも多くみられます。
給料
パラリーガルは、公的な資格として認定されてはおらず、給与や待遇は勤務する事務所によって大きく異なります。一般的に中小規模の法律事務所で弁護士のスケジュール管理、電話や来客対応、ファイリング等の秘書業務を中心とする場合、他の一般事務と同等の200〜350万円ほどとなります。大規模な渉外事務所等で裁判所に提出する文書のドラフト作成、調査業務などの法律事務を中心とする場合500〜600万円ほどとなります。
将来性
司法改革による弁護士の増加や、より利用しやすい法的サービスの充実、また経済や社会のグローバル化により日本に進出する外国事務弁護士事務所の増加とそれに伴う法律事務所の合併など、法律サービス業界も社会的変化に対応していくことが必要とされています。そういった中、より質が高く、迅速なサービスを提供するために弁護士を強力にサポートできる、経験のある優秀なパラリーガルへのニーズはますます高まっています。転職などにも強く、長く働くことのできる専門職といえるでしょう。