このサイトは弁護士秘書を目指す人のための情報サイトです。

弁護士秘書とは?

弁護士秘書は、忙しく働く弁護士のさまざまなサポートを行う仕事です。具体的な業務内容は、郵便物やFAXの整理や管理、担当する弁護士のスケジュール管理、出張・旅券手配、メールや電話対応、事務所への来客対応、書類のファイリング、裁判所等への提出書類作成などが挙げられます。弁護士とは異なり、特別な資格が求められる仕事ではありませんが、秘書能力や事務処理力、ビジネスマナーなどが必要とされます。勤務先は法律事務所が中心であり、正社員のほか、派遣社員やパートとして働く人もいます。給料や待遇は事務所の規模が大きいほど恵まれている傾向にあるようですが、全体としては400万円前後となっているようです。未経験からこの仕事に就き、実務経験を積みながら、より専門性の高い法律事務を担う「パラリーガル」を目指すことも可能です。

弁護士秘書の仕事内容

弁護士秘書の仕事内容は、一般的に、郵便物やFAXの整理や管理、担当する弁護士のスケジュール管理、出張・旅券手配、メールや電話対応、事務所への来客対応、書類のファイリング、裁判所等への提出書類作成などがあげられます。

たとえばファイリングにしても多忙な弁護士が扱いやすいように、また秘書が探しやすいようになど、常に弁護士が業務をスムーズに進められるように配慮して行うことが求められます。

勤務先によっては、秘書業務の他に、謄本などの取り寄せや契約書案の作成、判例や資料の調査、その他渉外法律事務所であれば外国語でのメールや電話対応、契約書の翻訳業務など、より専門性の高いパラリーガル業務も担当するケースもあります。

弁護士秘書になるには・必要な資格は?

弁護士秘書になるために、特別な国家資格や法学部卒業でなければならないといった学歴は必要ではありません。

それよりも、一般的な秘書能力、事務処理力、ビジネスマナーを身に着けているのかといった点がより重視されるため、未経験者であってもチャレンジできる職業です。

一方で、日常的に裁判所等との連絡なども多く、業界特有のルールや知識がないと業務が進められないため、最低限の法律知識やルールは業務を通して身に着けていくことが必要となります。

そのため、人材を育成する余裕のない小規模事務所では、経験者のみを採用することも珍しくありません。

弁護士秘書の養成講座などを提供するスクールもあるため、それらを利用して実際の弁護士秘書の業務内容や業界について学ぶことや、秘書検定の学習などで秘書業務を学ぶことも役立つでしょう。

弁護士秘書に向いている人

弁護士秘書は、弁護士が業務をスムーズに行えるために配慮することが仕事であり、サポーターとしての業務にやりがいを感じられる人が向いています。

たとえば裁判所への提出書類などを作成する場合、期日や表記方法など法律特有の細かなルールに従わなければいけないことや、クライアントの人生を左右するような内容も多いため、決してミスは許されず、迅速で正確な事務処理力が求められます。

国内では中小規模の弁護士事務所が多く、十分な研修や教育制度などが整っていないケースが多いため、新人であっても実践を通して自ら意欲的に学んでいかなければなりません。

また、クライアントや個性的な弁護士などから理不尽な対応をされることも多く、同時に幅広い業務をこなしていかなければならないため、肉体的にも精神的にもタフさが求められます。

弁護士秘書の就職状況・雇用形態

国内では弁護士が1~数名と数名のスタッフで構成される中小規模の法律事務所、弁護士事務所がほとんどです。

そのような中小規模事務所の場合は、ポストに空きが出た場合に求人を出すケースが多く、ハローワークや新聞、各地の弁護士会などを通じての募集がみられます。

中小規模事務所の場合は、人材育成にかける余裕がないため、経験者を採用することが多いですが、未経験でも可能な事務所もあります。

大手の法律事務所の場合は、新卒採用や通年採用など、民間企業と同様に行っている場合があるため、事務所のホームページなどにも掲載されるケースもあります。

募集では正社員の他、パート社員や派遣社員としての採用もあるため、勤務時間など自分の条件と照らし合わせてみて確認してみましょう。

弁護士秘書の給料・年収・待遇

弁護士秘書の給料は、勤務する法律事務所の経営状況によって大きく異なりますが、一般的に企業の事務職と同等、350万~450万円程度が多いようです。

国内の弁護士、法律事務所の多くは、小規模のものが多く、一般企業のような有給制度や育児休暇制度といった福利厚生制度が整っていないことが多いため、働きやすい職場環境であるとはいえないケースも多いでしょう。

一方で、規模が小さい分、雇用主である弁護士との距離も近いため、子どもの行事による休暇など個人的な事情も理解してもらいやすいといった面もあるようです。

大手法律事務所や渉外法律事務所などでは、スタッフも多く制度も整っていることが多いため、一般企業同等の待遇も期待できるでしょう。

弁護士秘書の生活・勤務時間・休日

弁護士秘書の勤務時間は、一般的に月~金曜日の平日5日、9時または9時半から17時または18時で設定されている事務所が多いようです。

法律事務はすべて弁護士が行い、秘書業務が中心の場合、ほとんど残業がないケースもあれば、担当する手続き書類の作成が多く頻繁に残業が必要なケースなど、勤務する事務所によって大きく異なります。

休暇については、中小規模事務所の場合、人員に余裕がないため取得しにくかったり、反対に弁護士との関係も密接なため相談しやすかったりと、勤務先によってさまざまでしょう。

一般的に、弁護士秘書には女性が多いため、家庭の事情で休まなければならない場合など、スタッフ同士で交替をとるなど、女性の働きやすさには配慮がある場合が多いようです。

弁護士秘書の現状と将来性

近年の司法制度改革などにより、法律サービス業界での競争は激化しており、生き残りのためにはよりスピーディでクオリティの高いサービス提供が必須となっています。

弁護士がより良い法律サービスを提供できるようには、サポートするスタッフが欠かせず、能力の高い弁護士秘書が求められています。

また、未経験から弁護士秘書として働き、実務経験を積みながらより専門性の高い法律事務を担うパラリーガルとよばれる職種の業務までステップアップいくケースも見られ、実務経験と専門性を高めることにより市場価値の高いキャリアを築くことも可能です。

弁護士・法律事務所は全国にあり共通した業務も多いため、家族の転勤などで転居しなければならない場合でも、長くキャリアを築くこともできるでしょう。