このサイトは海事代理士を目指す人のための情報サイトです。

海事代理士とは?

海事代理士は、海事代理士法に関する法律の専門家で、「海の法律家」とも呼ばれています。この仕事に就くには国家試験である海事代理士試験に合格し、地方運輸局に登録をする必要があります。主となる業務内容は船舶の登記ですが、これは行政書士や司法書士も行うことができるため、海事代理士のみで請け負う仕事量はさほど多くないようです。開業することも可能ですが、それで成功を収めることができるのは、ごく一部の海運・造船業界に太い人脈を持った人に限られるといわれます。こうしたことから、海事代理士として生活を成り立たせるためには、行政書士や司法書士、社会保険労務士などの資格を併せて取得し、仕事の幅を広げる努力が必要になるでしょう。

海事代理士の仕事内容

海事代理士は国家資格であり、海事代理士法に関する法律の専門家で、「海の法律家」とも呼ばれています。

海運や造船分野の法人、船主個人などの依頼を受けて、船舶の登記をはじめとする申請や届出などに必要な書類の作成を行い、国土交通省や都道府県などの行政機関に対する手続きを代行します。

海には陸上とは異なる法律が定められており、国際的な条約も多数存在しています。

これらを守ることにより各国間の平和が保たれているため、海の法律や条約の専門家である海事代理士がクライアントへ適切なアドバイスを行うことは、海の安全を守ることにもつながっているのです。

海事代理士になるには・必要な資格は?

海事代理士になるためには、国家試験である海事代理士試験に合格し、地方運輸局に登録をする必要があります。

受験資格に制限はないため誰でも受験することはできますが、未成年者や刑の執行から2年以内の人などは、試験に合格しても海事代理士になることはできません。

一次試験は一般的な法律と海事法令に関する合計18の法律の問題が出され、筆記にて行われます。

一次試験に合格すると受けることができる二次試験は、船舶法や船舶安全法をはじめとする法律に関する専門的な問題が出題される口述試験です。

一次、二次の両試験に合格して国へ登録を行うと、法務事務所へ勤務、または港の近くなどに事務所を開業して、海事代理士として働くことが可能になります。

海事代理士に向いている人

海事代理士ばかりではなく弁護士や司法書士、行政書士なども含め、法律という難しい分野の仕事にもっとも向いているのは、法律や政治、世の中の動きに関心を持っている人です。

さらに、勉強熱心でまじめな性格の人、人助けが好きな人は、この仕事に適しているといえるでしょう。

また、法律を一から勉強した場合、海事代理士に合格するまでには最低でも1年以上はかかる人が多いですが、すでに行政書士や司法書士の資格を持っている人は1〜3ヶ月程度の勉強で合格できるといわれています。

資格取得に時間がかからない点では、行政書士や司法書士は海事代理士に向いているといえるでしょう。

海事代理士の就職状況・雇用形態

海事代理士が行う業務の中心となるのは船舶の登記ですが、これは行政書士や司法書士にも行うことができます。

そのため、海事代理士よりも一般的な行政書士や司法書士の事務所に依頼するクライアントが多く、海事代理士は請け負う仕事自体が少ないという現状があります。

求人数も少ないため、せっかく取得した資格を生かせない人も多いようです。こうした状況から、海事代理士は専業よりも、他の職種の副業として選ばれています。

副業の場合、求人サイトに登録してスカウトを待ったり、法律専門家を紹介する事務所に登録したりして、依頼があれば受けるというパターンが多いようです。

海事代理士の給料・年収・待遇

専任の海事代理士が少ない現状であるため、平均的な初任給や年収を割り出すことはできません。

会社員や行政書士などを兼業している人が多く、兼業の職種の方がはるかに収入がいい人が大半です。

行政書士や司法書士などに比べて開業が難しい職種であり、開業して成功を収めることができるのは、ごく一部の海運・造船業界に太い人脈を持った人に限られるでしょう。

このような人の場合、開業当初の年収は500万円程度だといわれています。

また、開業10年ほどのベテランになり、地域に根付いた独占市場を手に入れることができれば、年収1000万以上に大きくアップするケースもあるようです。

海事代理士の生活・勤務時間・休日

法務事務所に勤める海事代理士の場合、10時から18時などの営業時間中は事務所に詰めていることが多いようです。

しかし、飛び込みで相談に来るクライアントは皆無に等しいため、クライアントとの打ち合わせの時間に合わせて出勤したり、出向いたりといった働き方の人もいます。

また、事務所を開業している海事代理士の場合は、秘書やコールセンターなどに電話番を任せ、本人はアポイントのある時間のみ動き、業務がない時間はプライベートに当てることも。

その代わり、アポイントがあれば、営業時間終了後でも休日でも、クライアントに合わせて打ち合わせを行う海事代理士も多くいます。

海事代理士の現状と将来性

近年は不況の影響で、日本の海運会社が安価な外国籍の船舶を使うことが増えています。

これにより必然的に日本の船籍を持つ船が減ったため、海事代理士の職務は窮地に立たされています。

この先も不況から抜け出せる保証はなく、将来性にも不安を拭えません。

こうした背景から、海事代理士1本で独立開業を目指すのは難しいといえるため、行政書士や司法書士、社会保険労務士などの資格を併せて取得するなど、仕事の幅を広げる手段が必要になるでしょう。

海や船がこの上なく好きで海事代理士しか取りたくないという人の場合、他の職種と兼業しなければ、収入の安定は見込めません。