「国会議員」とは

国会議員_画像

日本国民を代表して法案の提出や審議、法律の制定を行い、より良い社会づくりを目指す。

国会議員の主な仕事は、「法律をつくること」をはじめ、予算の決議、条約の容認、総理大臣の指名などです。

国会議員になるための条件は、日本国民で衆議院議員なら25歳以上、参議院議員なら30歳以上であることです。

典型的な「国会議員への道」は、まずは、市議会議員などの地方議員、官僚、議員秘書のいずれかの職業に就き、経験を積んでから出馬、当選に至るというものです。

1年間の議員報酬は2000万円前後ですが、これとは別に各種費用などが支給されるため、国会議員一人当たりにかかる年間経費は約7500万円ともいわれます。

地元にどれだけ利益をもたらしたかではなく、国全体を考えた政策立案力、法案提案力がある議員を評価しようという流れとなっています。

「国会議員」の仕事紹介

国会議員の仕事内容

法律をつくったり、国家運営に重要な決定をする

国会は、「立法府」と呼ばれる法律をつくる機関です。

従って、国会を支える国会議員の仕事は、予算の決議や外国との条約の承認、総理大臣の指名、政策立案など多岐にわたりますが、最も重要な仕事は「法律をつくること」です。

具体的には、法案(法律案)の提出、所属する委員会や本会議での法案の審議、法律の制定といったことが挙げられます。

また、資料を読み込んだり、担当する業務に関係する施設・地域を視察したり、勉強会へ参加したり、あるいは専門家からレクチャーを受けるなどして、必要な知識を学ぶことも重要な仕事です。

さらに、それぞれの地元選挙区の代表として、地元企業や住民の声を聞き、政府に届けることも国会議員の役割の一つとなっています。

国会議員の就職先・活躍の場

国会の会期中か閉会中かで活躍の場は異なる

国会議員は、衆議院議員と参議院議員の2種類がありますが、活動する場としては、国会会期中であれば、所属する衆参どちらかの本会議、またそれぞれの常任委員会・特別委員会がメインとなります。

閉会中は地元選挙区に帰って活動することが一般的で、報告会を開催したり、支援者を回ったり、イベントに出席したり、あるいは業界団体や省庁関係者と会合したりして、地元での交流を深めます。

閉会中のそういった活動は選挙対策も兼ねているため、非常に重要度の高い仕事といえます。

国会議員の1日

国会議員は常に忙しい

国会議員は24時間365日休みなしといわれるほど多忙で、会期中・閉会中に関わらず、スケジュールはぎっしり詰まっていることがほとんどのようです。

ここでは一例として会期中の1日をご紹介します。

7:30 移動
議員宿舎から所属政党本部へ移動します。

8:00 事前対策
会議のための資料を読んだり専門家からレクチャーを受けたりして、情報を頭に入れます。

10:00 会議
委員会の会議に出席し、提出されている法案について質問に立ちます。

13:00 移動
食事を取りつつ、国会議事堂に移動します。

14:00 会議
本会議に出席し、条約案について審議します。

18:00 会合
支援団体との懇親会に参加し、意見を聞きます。

22:00 帰宅

国会議員になるには

誰でも立候補できるが、当選するのは困難

国会議員になるために特別な資格は必要なく、日本国民であり、かつ25歳以上ならば衆議院選挙に、30歳以上ならば参議院選挙に立候補することができ、当選すれば議員になることができます。

ただし、選挙を勝ち抜くためには、前職における実績や、資金、人脈など、数多くのものが必要になります。

このため、市議会議員などの地方議員や官僚を経て国会議員になる人や、議員秘書として政界での経験を積んだ後に立候補して国会議員になる人などが多いようです。

国会議員の学校・学費

学歴不問だが、専門知識は修得しておくべき

国会議員というと、多くは東京大学をはじめとする一流大学出身者が多いイメージですが、なるために必須となる学歴があるわけではなく、高卒の国会議員も数多くいます。

ただし、実際の業務においては、法律をはじめとする非常に高度なレベルの専門知識が必要になりますので、大学の法学部や政治経済学部などで学んでおくことが望ましいでしょう。

また、今後は政界においてもグローバル化していく流れがより一層強まっていくと思われるため、国際政治経済学部や国際関係学科などの国際系の学部・学科も、検討すべき進路のひとつです。

国会議員の資格・試験の難易度

年齢以外に資格要件はないが、供託金が必要

衆議院選挙・参議院選挙に出馬するためにはそれぞれ年齢制限があるだけで、ほかに必要な資格や経歴は一切ありません。

ただし、出馬の際には個々の選挙ごとに金額の定められた「供託金」が必要で、小選挙区では300万円、比例代表では600万円を法務局に預託しなければなりません。

供託金は、選挙における得票数が一定水準に達しなければ、全額没収されることになります。

また、供託金以外にも選挙ではさまざまな費用がかかり、参議院選挙では6000万円もの選挙資金が必要といわれています。

国会議員の給料・年収

年間3000万円以上の支給がある

「歳費」と呼ばれる国会議員の給料は、法律で月額129万4000円と規定されており、これにボーナスを上乗せした議員の年間報酬は、衆議院議員が約1977万円、参議院議員が約2031万円となっています。

また報酬とは別に、月額100万円の文書通信交通滞在費など、議員活動を円滑に行うための各種費用が支給されます。

さらに国会議員の公務用JR無料パス、無料航空券まで用意されており、初当選議員でも合計で年間3000万円以上の支給を受けるようです。

ただし、私設秘書の給与や事務所運営費など、個人で負担しなければならない費用も多数あるため、年収すべてを自由に使えるわけではありません。

国会議員のやりがい、楽しさ

国会議員は国家のかじ取りをする存在

日本は法治国家であり、国家におけるすべての決定や判断は、国家が定めた法律に基づいて行われます。

国会議員の仕事はその法律をつくることであり、また法律をつくることは国会議員のみに許された仕事です。

圧倒的な影響力をもって国を動かし、社会を変え、人々の生活をよりよくしていくことには、非常に大きなやりがいと魅力があるといえるでしょう。

ただ、現状では、法律づくりよりも選挙対策に活動の重心を置いている国会議員も少なくありません。

国会議員のつらいこと、大変なこと

落選した瞬間、一気に無職に

苦労を重ねて選挙に当選し、国会議員となっても、衆議院議員は4年間、参議院議員は6年間の任期を終えれば、あるいは任期中でも解散されれば、また厳しい選挙戦を勝ち抜かなければなりません。

落選してしまえば社会的地位を失うだけでなく、一気に無職・無収入になってしまいますし、退職金もなく、また雇っていた秘書の再就職先も探さなければなりません。

社会的にも経済的にも大打撃となりますので、国会議員という職業は、非常に高いリスクを負っているといえます。

国会議員に向いている人・適性

情熱と倫理観を持ち合わせた人

国会議員は連日のハードスケジュールをこなしながら、国家運営を左右する重要な数々の判断を下し、同時に自身の研鑽にも努めなくてはなりません。

厳しい仕事に高いモチベーションを持って取り組み続けるためには、国民の生活を豊かにしたい、社会をよりよくしたいという、政治家としての情熱が何よりも重要になります。

また、国民の代表であるということを常に意識し、高い倫理観をもって仕事に取り組める、責任感の強い人は、国会議員の適性があるといえるでしょう。

国会議員志望動機・目指すきっかけ

強い志望動機がなくては勤まらない

国会議員を志望するのは、国のために尽力したいという高い意識があり、有権者に訴えたい主張をもった人です。

きっかけはさまざまで、親が政治家で、その地盤を継ぐ人もいれば、官僚として中央官庁で働いていた人もいますし、在野での経歴を生かして政界に飛び込んでくる人もいます。

どんなルートにせよ、国会議員を目指す人は、高いリスクを背負い、激務であることを覚悟して、それでもなお自身の掲げる主義主張のため、選挙に出馬します。

国会議員になるには、明確な動機と、断固たる決意が必要といえるでしょう。

国会議員の雇用形態・働き方

政治の世界でも働き方改革が進んでいる

民間企業における「働き方改革」が声高に叫ばれる昨今、国会議員の働き方も時代に合わせて多様化することが求められています。

女性議員の活躍はその最たるものですが、現状の日本の女性議員比率は、諸外国と比較しても圧倒的に低水準にあります。

女性議員が働きやすくなるよう、出産や育児に関する休暇制度が整えられつつあり、今後、国会議員を目指す女性にとっては、従来より雇用環境は改善される見通しです。

海外から取り残されないためにも、女性国会議員の台頭が望まれます。

国会議員の勤務時間・休日・生活

国会議員の休日はほぼゼロ

国会議員の仕事は、国の将来に関わる重大な判断を下さねばならない局面が多々あります。

正しい判断をするためには、日頃の勉強や情報収集が不可欠ですので、国会議員は多忙な仕事の合間を縫って、勉強会へ参加したり、業界関係者と交流したりして、自身の知見を深めなければなりません。

このため、たとえ休日であっても、家族と団らんしたり、レジャーにあてる時間はほとんどなく、多くの議員は実質的に休みなしで働き続けるようです。

国会議員の求人・就職状況・需要

議員定数は削減されていく見通し

公職選挙法により、衆議院議員の定数は465人、参議院議員の定数は242人と定められています。

ただし、過去の法改正をみれば、昭和60年頃から一貫して定数は削減の方向にあり、今後も地方の選挙区を中心として、さらなる定数削減が実施される可能性が高まっています。

衆議院選挙・参議院選挙の当選確率(立候補者に占める当選者の割合)は、近年2倍前後で推移していますが、定数が減少していけば、倍率はより高まっていくかもしれません。

国会議員の転職状況・未経験採用

政治塾に通うことで道が拓ける場合も

国会議員になるためには、資金力や人脈など、非常に多くのものを高いレベルで備えなくてはならないため、いきなり国会議員になるよりも、他の職を経てから国会議員になる人が大半です。

地方議員や議員秘書など、元から政治の世界にいた人もいますが、民間から国会議員になった人、いうなれば政界未経験者も決して少なくはありません。

タレントなどの特異人材を除けば、企業に勤めながら、松下政経塾をはじめとした民間の政治塾や、あるいは各政党が主催する政治塾に通って、政治について学ぶ道が一般的です。

国会議員の現状と将来性・今後の見通し

選挙のためでなく国のために働く国会議員が求められる

国会議員一人当たりにかかる年間経費は、約7500万円といわれています。

これだけの金額負担は、日本の財政状態を勘案すれば厳しいと言わざるをえず、議員定数の是正や一人当たりの年間経費を削減すべきという声があります。

また、これまで議員を評価するポイントは、選挙対策のための地元貢献度に偏りがちでしたが、今後は、政策立案力、法案提案力など、国全体への貢献度を重視しようとする傾向が強まっています。

これからは、国全体を見渡す広い視野と問題解決力に優れた国会議員が求められていくことになりそうです。