このサイトは国会議員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「国会議員」

仕事内容
国会議員の最も大事な仕事は、法律をつくることです。法案を提出したり、所属する委員会や本会議で提出された法案を審議したり、法律を制定したりなどします。そのほかに予算の決議、条約の容認、総理大臣の指名、政策立案なども行います。こうした仕事の下準備として、資料の熟読から、現地視察、勉強会やレクチャーへの参加、業界関係者たちとの人脈づくりにも積極的に取り組まなければなりません。さらに、地元選挙区の代表として、地元企業や住民の声を聞き、政府に届けるのも役割の一つになっています。
なるには
日本国民で25歳以上なら衆議院議員、30歳以上なら参議院議員になることができます。学歴、経歴は不問です。国会議員に至る3大ルートは、「市議会議員などの地方議員」「官僚」「議員秘書」のいずれかの職業を経て出馬、当選するというものです。どのルートであれ、それぞれの立場で時間をかけて実績を積み、関係者との幅広い人脈を築き、それらを武器に出馬します。出馬前の職業で培った実績や人脈が確かな人ほど、将来、議員として活躍しているようです。ほかにも政治塾への参加、政党の公募などを経て、議員職に就くルートがあります。
給料
「歳費」と呼ばれる国会議員の給料は、法律で月額129万4000円と規定されており、これにボーナスを上乗せした議員報酬は、衆議院議員約1977万円、参議院議員約2031万円になっています。また報酬とは別に、月額100万円の文書通信交通滞在費など、議員活動を円滑に行うための各種費用が支給されます。さらに国会議員の公務用JR無料パス、無料航空券まで用意されており、総じて初当選議員でも年間3000万円以上の支給を受けるといいます。
将来性
国会議員一人当たりにかかる年間経費は、約7500万円といわれます。これだけの金額の負担は、厳しい財政状態にある国には大きいため、議員定数や一人当たりの年間経費を削減すべきという声があります。また、これまで、議員を評価するポイントは、地元貢献度に偏りがちでしたが、今後は、政策立案力、法案提案力、国全体への貢献度を重視し、これらの力に秀でた議員を育てていこうとする意見が聞かれるようになってきました。これからは、国全体を見渡す広い視野と問題解決力に優れた国会議員が求められていくことになりそうです。