「社会保険労務士」とは

社会保険労務士_画像

社会保険に関する専門家として、書類作成や企業の人事、労務、給与計算等に携わる。

社会保険労務士とは、社会保険関係や企業の人事、労務に関する専門家です。

企業内の人事部に勤務するか、独立開業して企業の顧問として働いています。

社会保険に関する書類作成、申請、給付等の事務手続き、労務に関する相談やコンサルティング、給与計算などを行います。

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士の国家試験に合格することが必要です。

企業内で働きながら資格を取得する人も多い資格です。

企業内や社会保険労務士事務所で経験を重ね、開業を目指す人も数多くいます。

年金の仕組みが複雑でわかりにくいものになる中で、社会保険労務士に対する期待は高まっていますが、受験者数は急増しており、仕事を獲得することが簡単ではない状況になりつつあります。

「社会保険労務士」の仕事紹介

社会保険労務士の仕事内容

社会保険や労働に関する法律のスペシャリスト

社会保険労務士とは、社会保険関係や労働関係の法律に詳しい、企業の人事、労務に関する専門家です。

主な業務は、社会保険に関する書類作成、申請、給付などの事務手続きや給与計算、及びその代行です。

これらの業務は一般的には各企業の総務部が行いますが、人事労務に関する法律は労働基準法や雇用保険法、健康保険法など多岐にわたる上、頻繁に法改正が行われるため、手続は非常に煩雑です。

日々変わっていく制度に対応し、企業が適切な労働環境を維持していくためには、それらの法律の専門家である社会保険労務士のサポートが必要不可欠になります。

また、労務や年金に関する相談に乗ったり、人事労務関係のコンサルティングを行ったりすることも、社会保険労務士の重要な役割です。

社会保険労務士の就職先・活躍の場

専門の事務所に勤めるか、企業内で資格を活かすか

社会保険労務士の就職先としては、まず全国の社会保険労務士事務所などの専門事務所が挙げられます。

法人や個人からの相談に乗ったり、アドバイスすることが主な業務になります。

また、企業の総務部や人事部に勤めるケースも一般的です。

企業からしてみれば、自社の社員の中に有資格者がいると、外部に委託するコストを削減できるというメリットがあるため、有資格者は優遇されることが多いようです。

その他、企業などに勤めて実務経験を積んだ後に、独立して自分の事務所を開業するケースもあります。

社会保険労務士の1日

事務所と顧客を往復する

一般企業に勤めている場合、スケジュールはその企業の他の社員とほぼ変わりありません。

専門の事務所に勤務している場合は、法人・個人の顧客をまわって面談し、その合間にデスクワークをこなすことになります。

9:00 出社
メールチェック、スケジュール確認などを行います。

10:00 顧客訪問
担当している顧客を訪れ、コンサルティングを行ったり、書類を授受します。

12:00 休憩

13:00 資料提出
社会保険事務所や年金事務所に資料を提出します。

14:00 顧客訪問
午前中とは別の顧客を訪れ、相談に乗ったり、アドバイスします。

16:00 デスクワーク
帰社し、資料を作成したり、質問など顧客とのメールのやり取りを行います。

18:00 帰社

社会保険労務士になるには

難試験突破と実務と研修が必要な長い道のり

社会保険労務士になるには、国家試験である社会保険労務士試験に合格する必要があります。

試験を受けるためには、「学歴」「実務経験」「その他の国家試験合格」のいずれかを満たさなければなりません。

試験の合格率は毎年1割を切る低い水準で、きちんとした対策を講じなければ合格は難しいでしょう。

また、試験合格後には2年以上の実務経験を積んだ上で指定の講習を受講せねばならず、それらのすべてをクリアしてはじめて、社会保険労務士として働けるようになります。

社会保険労務士の学校・学費

学歴次第で受験までのルートはさまざま

社会保険労務士試験は誰でも受けられるわけではありませんが、その受験資格を得る方法は複数あります。

大学・短大・高専卒以上の学歴があれば受験可能ですし、在学中であっても学校によっては取得単位数次第で受験資格が得られます。

専修学校卒でも通ったのが2年以上で通算授業時間が1700時間以上あれば、また専門学校卒でも「専門士」「高度専門士」の称号が付与されていれば受験できます。

上記のどれにも該当しない高卒などであれば、最も一般的なのは先に受験要件のない行政書士試験の合格を目指す道でしょう。

この他、関連する企業や事務所で3年以上の実務経験を積むという方法もあり、受験資格を得るルートはさまざまです。

社会保険労務士の資格・試験の難易度

長い勉強期間が必要となる難関

社会保険労務士試験の合格率は年度によって多少のばらつきがありますが、概ね5~9%で推移しています。

誰でも受験できるわけではないことを加味すると、かなりの難関であるといえるでしょう。

独学で勉強する場合、合格するために必要な勉強時間は800~1000時間といわれています。

学校に通いながら、または企業で働きながら勉強するという人が大半でしょうから、1日2時間の勉強時間を捻出できるとすれば、合格までに約2年間の試験勉強が必要という計算になります。

社会保険労務士の給料・年収

企業や働き方によってばらつきがある

社会保険労務士の給料は、勤務先の企業や事務所によって異なります。

全体の平均年収は450万円~800万円程度とされていますが、勤める企業の規模や個々の経験、他の保有資格などによって差があるようです。

また、資格を活かして独立するという道もあり、開業している人の中には年収1000万円を超える人もいるようですが、成功するのは簡単ではありません。

まずは企業等に勤めて実務経験を積み、知識や経験、人脈を増やしていきながら、独立に必要な経営スキル、営業センス等を磨いていくとよいでしょう。

社会保険労務士のやりがい、楽しさ

さまざまな人の役に立てる

社会保険労務士が取り扱う雇用や保険、年金といった項目は、業界や業種、法人・個人を問わず、働く人すべてに関係します。

世の中のさまざまな人の役に立てることが社会保険労務士の仕事の魅力ですし、その果たすべき社会的責任の大きさは、仕事のやりがいにつながります。

また、仕事を通じて、職種や立場、年齢を問わず、いろいろな人と出会えることも、社会保険労務士の仕事の楽しさといえるでしょう。

そこで培われたコミュニケーション能力や人とのつながりが、仕事に活きるケースも多いようです。

社会保険労務士のつらいこと、大変なこと

法律を勉強し続けねばならない

社会保険労務士の業務に関わる法律は多数ありますが、それらは非常に法改正が多いことで知られています。

景気低迷を受けて企業が人件費の削減を推し進め、その結果派遣社員や契約社員などの非正規雇用が増加し、雇用形態の多様化に対応するため法律が改正される、といったことがしばしば起こります。

社会情勢などに合わせて日々変わってゆく法改正に常に対応できるよう、一生勉強し続けなければならない点が、社会保険労務士の大変さであるといえるでしょう。

社会保険労務士に向いている人・適性

事務作業を丁寧にこつこつと続けられる人

社会保険労務士は、さまざまな書類の作成やチェック、月々の健康保険料や年金支給額の計算など、膨大な量の事務作業をこなさなければなりません。

それらの業務は複雑なうえに正確性が要求される大変な仕事で、高い事務処理能力が必要になります。

また、そんな責任の重い社会保険労務士の仕事の大半は、決して華やかとはいえない、地味な作業の連続です。

人々の役に立つため、裏方の仕事をこつこつとこなせる人が、社会保険労務士に向いているといえるでしょう。

社会保険労務士志望動機・目指すきっかけ

正義感の強い人が志望する傾向

「サービス残業」「派遣切り」「ブラック企業」といった労働問題に関するキーワードは度々メディアを賑わしており、「働き方」は今や世間全体の大きな関心事となっています。

そういった諸問題を他人事と捉えず、自分も健全な雇用環境をつくるために何かしたいと考える人は少なくありません。

労働者たちのためを思い、誰もが楽しく働ける社会をつくりたいと願う、そういう強い正義感を持った人が、社会保険労務士を目指す傾向にあるようです。

社会保険労務士の雇用形態・働き方

独立することもできるが、成功はいばらの道

社会保険労務士は正社員として企業や事務所に勤めるケースが一般的ですが、経験を積めば独立開業することも可能です。

ただ、大半の企業は他の社会保険労務士と既に顧問契約を締結しており、そこに割り込んで新規に契約を勝ち取ることは非常に困難といえます。

同業者との競争に勝利するためには、単に知識を有しているだけでなく、高いマーケティングスキルやコンサルティングスキル、顧客の心を掴む営業力などを兼ね備えなければならないでしょう。

社会保険労務士の勤務時間・休日・生活

時期に応じて忙しさに波がある

社会保険労務士の仕事は、関わる業務の特性上、集中して忙しくなる時期が1年間に何度かあります。

繁忙期として筆頭に挙げられるのが、労働保険の年度更新手続きと社会保険の算定基礎届提出が重なる6月~7月で、この期間はかなり事務作業量が多くなるため、勤務時間も長くなりがちです。

また、新卒社員の入社してくる4月、年末調整の時期である12月も、場合によっては遅くまで残業しなければ仕事が片付かないこともあるようです。

社会保険労務士の求人・就職状況・需要

事務所の求人は少なく、多くは一般企業に勤める

開業している社会保険労務士事務所の多くは非常に規模が小さく、有資格者は2~3人、中には1人で運営している事務所も少なくありません。

求人は欠員が出た際の補充などに限定されるため、就職先としては決して多くありません。

このため、多くの社会保険労務士は、企業の総務部や人事部にサラリーマンとして勤めますが、そうした有資格者を内部に抱えていると外注費用が削減できるため、企業からの需要は高いようです。

またその他の就職先としては、企業経営のサポートに特化した業務を行うコンサルティング会社なども挙げられます。

社会保険労務士の転職状況・未経験採用

市場は激しい競争にさらされている

長引く不景気の影響もあり、景気に左右されない社会保険労務士の人気は高まっています。

そのため就職希望者の数に対して十分な求人数があるとはいいがたく、転職する人には厳しい環境となっていることは否めません。

そうした状況ですから、どの企業も実務経験があって即戦力となれる人材を求めており、未経験者にとってはさらに狭き門となるでしょう。

転職するためには、通常の採用情報を集めるだけでなく、人脈やコネクションを使って働き口を探すことが必要になるかもしれません。

社会保険労務士の現状と将来性・今後の見通し

需要は増加傾向だが、競争が厳しくなる見通し

現代の日本では労働者の雇用問題が取り上げられる機会が増え、それにつれて社会保険労務士の果たす社会的役割は非常に大きなものとなっています。

また、社会保険労務士は保険制度や年金制度などにも精通しているため、専門知識を持ったスペシャリストとして、各所でコンサルティングなどの需要が高まっているようです。

しかし、人気資格ゆえに資格保有者数が毎年1000人前後のペースで増加しており、今後競争の激化が予想されます。

成功するためには、スキルを磨き、専門分野を勉強し続ける努力に加え、多くの顧客から信頼を勝ち取ることのできる人間性が求められるでしょう。