このサイトは社会保険労務士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「社会保険労務士」

仕事内容
社会保険労務士とは、社会保険関係や企業の人事、労務に関する専門家です。主な業務としては、社会保険に関する書類作成、申請、給付等の事務手続き、労務に関する相談やコンサルティング、給与計算などを行っています。人事労務の法律は複雑かつ改正も多いため、社会保険労務士がサポート役となり、企業の適切な雇用管理を支えています。企業内の人事部や、独立開業した社会保険労務士事務所で務める人がほとんどです。
なるには
社会保険労務士になるには、国家試験である社会保険労務士試験に合格する必要があります。同試験は受験制限があり、「学歴」「実務経験」「その他の国家試験合格」のいずれかを満たす必要があります。試験の合格率は例年10%前後となっており、きちんとした対策をしなければ合格は難しいでしょう。また、試験合格後も2年以上の実務経験と講習の受講が必要となるなど、社会保険労務士として働くまでには長い道のりが待っています。
給料
社会保険労務士の給料は、勤務先の企業や事務所によって異なります。全体の平均年収は450万円~800万円程度と発表されていますが、企業規模や個々の経験、スキルによって大きな違いが出るようです。資格を生かして独立開業することができる職業であるものの、成功するのは簡単ではありません。まずは企業等で実務経験を積み、知識や経験、人脈を増やしていきながら、経営に必要な営業センス等も磨く必要があるでしょう。
将来性
現代の日本では労働者の雇用問題が取り上げられる機会が増え、社会保険労務士の役割も非常に大きなものとなっています。また、保険制度や年金制度にも深く関わるため、専門知識を持ったスペシャリストとして、各所で需要が高まっているようです。しかし、受験者数が増加しているため、今後は競争もさらに厳しくなっていくものと予想されます。スキルを磨き続ける努力に加え、多くの顧客に信頼されうるだけの人間性も求められます。