整体師に向いている人、適性

人に心から奉仕できる人

整体師の仕事は、慢性的な体の不調や痛みに対して整体独自の手技で精神的にも肉体的にも癒していくものです。

「整体師になって開業して儲けよう」「手に職をつけておくと将来安心だ」というような考えも、もちろん生きてくために必要なことではありますが、それだけでは長続きしません。

患者さん一人ひとりの症状に合わせ、手を抜かず、症状を良くしてあげたいといった奉仕の精神も忘れずにいられる人が整体師に向いている人なのです。

勉強熱心で根気強い人

整体院を訪れる患者さんの症状は一人ひとり違います。病院に通ったものの、なかなか改善せず、なんとか整体で改善したいと願って来られる患者さんも少なくありません。

そこで信頼される整体師になるためには、健康に関する幅広い知識を常に勉強しておく必要があります。

整体師になったから終わりというわけではなく、常に向上心、向学心のある人が整体師の適性があるといえるでしょう。

また、根気強さも求められます。給料が歩合制の整体院やリラクゼーションサロンも多いですので、指名がとれない見習いの期間などは収入が不安定になる可能性があります。

仕事をしていくうちに技術が向上し、指名をとれるようになっていくでしょうが、それまでの間、つらくても続ける根気が必要なのです。

心身ともにタフ

整体師は、かなりの力を使って患者さんの体を整える仕事であるため、非常に体力を使います。

ときには、整体師自体も身体が悲鳴をあげることもありますが、整体師が疲れていようが患者さんにはまったく関係のない話です。

整体師には、どんなときでもベストの施術をできるような体力が求められます。

また、一日に何人もの人と接し、親身にはなって体の不調についてカウンセリングし、日常生活におけるアドバイスまで行うので、精神力も必要とされる仕事です。

整体の効果を実感している

自分自身がマッサージを受けて癒された経験がある人や、人にマッサージをして喜ばれたという経験から、整体師を目指すようになったという人も多いでしょう。

整体はマッサージとは技術的に違いますが、人の体を整えて癒すということは同じです。

体を整えることで得られる効果について知識的な面だけでなく、身をもって知っているということは整体師の適性としてとても大切なことです。

整体の効果を信じていれば、自信をもって患者さんに接することができますし、モチベーションも高く保てるので技術の向上にもつながります。

仕事体験談