整体とカイロプラクティックの違い

歴史の違い

整体とカイロプラクティックは、発祥地や歴史的な背景に違いがあります。

整体は、もともと中国で発祥した推拿(すいな)という療法がルーツで数千年以上の歴史があります。日本における「あん摩マッサージ」も、実は推拿(すいな)をルーツとしています。

一方、カイロプラクティックは、1895年にアメリカで発祥しました。「カイロ」とはギリシャ語で「手の技」という言葉で、西洋医学をベースとしています。

資格の違い

日本では、整体もカイロプラクティックも医療行為とは認められておらず、代替医療と見なされています。

そのため、日本古来より伝わる「はり師・きゅう師」や「あん摩マッサージ師」のように国家資格は必要ありません。

あん摩マッサージ指圧師の仕事
鍼灸師の仕事

整体師の養成学校やカイロプラクティックスクールで学び卒業後に取得できる資格は、業界団体が独自に認定する民間資格となりますので、仕事をする上で必ずしも必要な資格ではありません。

しかし、カイロプラクティックについては海外では位置づけが違います。

海外(特にアメリカやヨーロッパの一部)においては、カイロプラクティックは医療補完行為として医療の一部と見なされています。

そのため、カイロプラクティックをおこなうには国家資格が必要です。大学の博士課程まで学び、カイロドクターとして医師同様の地位を築くカイロプラクターもいます。

カイロプラクターの仕事

手技の違い

整体とカイロプラクティックは体へのアプローチ方法にも違いがあります。

整体は、中国整体(推拿=すいな)をもとに、気や血の巡りを良くし、人間本来の持つ自然治癒力を高め、症状を改善に導いていく方法で、背骨の矯正を主とした手技です。

骨のズレ、歪みによって痛みやコリが起こっている筋肉を揉みほぐしていく施術です。

一方、カイロプラクティックは、同じく骨の矯正をしていくというアプローチ法は同じですが骨のズレ、歪みによって圧迫されている神経を手技によって改善するというのが本来の目的となります。

日本では整体もカイロプラクティックも同じようなものだと思われていますが、「歴史」「資格」「手技」の違いがあるのです。

施術時間の違い

整体とカイロプラクティックとでは施術に要する時間が異なります。

整体の場合、大体60~90分と施術時間が決まっており、症状の出ている部位を中心に傷みの改善を目指して、じっくりと身体をほぐしていきます。

一方、カイロプラクティックの施術時間は15~30分くらいと短めで、しかもそれも目安に過ぎません。

必要な矯正が終われば、たとえ15分でも施術は終わりとなるなど、時間にとらわれないのが大きな特徴であるといえます。

治療期間の違い

整体、カイロプラクティック共に一度の施術で症状が完全になくなるということはほとんどありません。

一時的に痛みが改善されたとしてもある程度の期間、通院しないと再び症状が現れてしまうことも珍しくないのです。

症状はもちろん、何が原因で痛みが出ているのか、年齢、筋肉の状態などの様々な条件によって治療期間は異なってきます。

そのため、一概には言えない部分もありますが、目安としてカイロプラクティックの場合は3ヶ月間の治療スケジュールを組んで施術を行うことが多いようです。

始めの1ヶ月は週に2~3回、以降最後の1ヶ月には週1の通院になるようなペースで通うことになると考えておきましょう。

神経に働きかけ、自己治癒力を引き出すことを目的としているのが特徴であるため、比較的長期の通院が必要になる印象です。

一方、整体の場合、即効性のある施術を売りにしているところも少なくありません。

症状によっては2~3回で劇的に効果が表れる場合もあります。

標準的には10回程度は短い間隔で通院、その後月に1~2回、メンテナンスといった感覚での通院に切り替わるのが一般的です。

仕事体験談