整体とカイロプラクティックの違い

歴史の違い

整体とカイロプラクティックは、発祥地や歴史的な背景に違いがあります。

整体は、もともと中国で発祥した推拿(すいな)という療法がルーツで数千年以上の歴史があります。日本における「あん摩マッサージ」も、実は推拿(すいな)をルーツとしています。

一方、カイロプラクティックは、1895年にアメリカで発祥しました。「カイロ」とはギリシャ語で「手の技」という言葉で、西洋医学をベースとしています。

資格の違い

日本では、整体もカイロプラクティックも医療行為とは認められておらず、代替医療と見なされています。

そのため、日本古来より伝わる「はり師・きゅう師」や「あん摩マッサージ師」のように国家資格は必要ありません。

鍼灸師の仕事
あん摩マッサージ師の仕事

整体師の養成学校やカイロプラクティックスクールで学び卒業後に取得できる資格は、業界団体が独自に認定する民間資格となりますので、仕事をする上で必ずしも必要な資格ではありません。

しかし、カイロプラクティックについては海外では位置づけが違います。

海外(特にアメリカやヨーロッパの一部)においては、カイロプラクティックは医療補完行為として医療の一部と見なされています。

そのため、カイロプラクティックをおこなうには国家資格が必要です。大学の博士課程まで学び、カイロドクターとして医師同様の地位を築くカイロプラクターもいます。

手技の違い

整体とカイロプラクティックは体へのアプローチ方法にも違いがあります。

整体は、中国整体(推拿=すいな)をもとに、気や血の巡りを良くし、人間本来の持つ自然治癒力を高め、症状を改善に導いていく方法で、背骨の矯正を主とした手技です。

骨のズレ、歪みによって痛みやコリが起こっている筋肉を揉みほぐしていく施術です。

一方、カイロプラクティックは、同じく骨の矯正をしていくというアプローチ法は同じですが骨のズレ、歪みによって圧迫されている神経を手技によって改善するというのが本来の目的となります。

日本では整体もカイロプラクティックも同じようなものだと思われていますが、「歴史」「資格」「手技」の違いがあるのです。

仕事体験談