整体師になるには

整体専門養成学校などに通う

整体師には民間の資格しか用意されておらず、必須となる国家資格はありません。そのため、誰でも「整体師」と名乗り開業することが可能です。

しかし当然のことながら、知識や技術がなく開業しても患者さんは定着しませんし、かえって症状を悪化させてしまうこともあるため、整体に関する技術をしっかりと学ぶ必要があります。

整体専門の養成学校では、運動学、解剖生理学など、人間の体に関する学問や整体に必要な基礎的な技術について学ぶことができます。

また、整体院と提携しているスクールであれば就職の斡旋もしてくれるので卒業後も安心です。

しかし、整体学校は普通の専門学校や短期大学と同様に卒業までに多くの時間がかかりますし、学費の負担も少なくありません。

もし現在何かしら仕事をしている場合や学費の捻出が難しい場合は、夜学や土日開講の整体の専門学校に通い、今の仕事を続けたり、整体院のアルバイトをしながら整体学校へ通うという方法もあります。

通信教育で学ぶ

整体師を目指したいが学校に通う時間がない。こんな方には通信教育という方法もあります。

自分の好きなタイミングで勉強することができるので、非常に便利です。しかし、勉強をすすめていくには、自己管理をきちんとすることが大切です。

また、整体の基礎を理解するためには、テキストだけではなくDVDなどで映像も教材としてついているような、わかりやすい教材を選ぶことが重要です。

現場で先生に直接指導してもらう

座学や通信教育で整体の基礎知識を身につけることは必要ですが、やはり対面で指導を受けながら覚えていくことが大切です。

いくら映像やテキストで学んだといっても、現場で役立つ技術を身につけることは容易ではありません。実践して身体で覚えることが実力ある整体師になる一番の近道です。

たとえば、実際に整体院にアルバイトスタッフとして勤めて、整体師の技術を目の前で見て覚えるという方法があります。

整体院や整体学校が定期的に開催している講習会やセミナーを受講してみるのもよいでしょう。

現場で実際に働いているプロの整体師の手技を自分の目で見て覚えていくことはとても大事なことです。

どの方法で学ぶにしても、直接人の身体に触れる仕事である整体師は、非常に責任がある仕事です。

自分に合った方法で着実に知識と技術を身につけ、患者さんに信頼される整体師を目指すことが大切です。

ビジョンを明確に

整体には統一された概念がありません。

従事する人それぞれに異なる理解、解釈があります。それに伴い、手技や効能もまちまちです。

整体師を目指す人は、どういった整体術を行いたいのか、方向性を定める必要があります。

とはいえ、何の予備知識もなく進む道を決定するのは困難でしょう。

整体師を目指す過程で徐々に自身のスタイルが定まっていくのが理想です。

まずは、どの整体術にも共通して必要になってくる身体組成の基礎知識、ストレッチ、骨格調整、ボディケアを修得し土台固めに専念しましょう。

一般的な専門学校、通信講座であればこの辺りはカバーしてくれるはずです。

学習の証明として各教育機関が付与する民間資格は必ず取得しましょう。

特定の整体師に師事する場合、何らかの手技に特化した指導が受けられるメリットがある一方で標準的な知識や技術が抜け落ちてしまうことが懸念されます。

自身のスタイルを確立していく過程で独学をする必要も出てくるでしょう。

一口に整体師と言ってもそのスタイルは十人十色。

理想とする整体師像を明確にし、必要な知識や技術を修得した上で施術を行えるレベルにまで達して初めて整体師を名乗ることができるものと理解しておきましょう。

仕事体験談