整体師に必要なこと

整体の技術が大事

整体師は国家資格ではありませんので、仕事をするうえで必ずしも資格が必要というわけではありません。

とはいえ、整体に関する知識がなければ何も始まりません。整体スクールなどで基礎を学び、実務を通じて施術のスキルを上げていくことが必要です。

どんなにコミュニケーション能力が高くても、整体のスキルが低ければお客さんは離れていってしまいます。まずは何よりも技術を身につけることが求められます。

また、整体を取り巻く状況は常に変動していますので、常に知識を習得するスタンスで臨むことが大切です。

矯正スキル

腰や肩の痛みをなくすことだけが整体師の仕事ではありません。

最近では、骨盤の歪みを治すために整体院を訪れる女性が増えてきていますので、矯正スキルも必要です。

肩の張りやO脚で悩んでいる女性の方が多いですので、肩の張りやO脚に特化した矯正スキルを習得しておけば需要があります。

カウンセリングができること

整体の施術では、患者さんの状態をしっかりとカウンセリングすることが大切です。

患者さんとの会話を通じて、痛いところを聞き出すことができなければ、施術を行うことができません。

患者さんの気持ちを十分に汲み取れなかったがゆえに、後でクレームが来ることもありますので、コミュニケーション能力やカウンセリング能力を身に付けることは非常に重要です。

経営に関する知識

整体師として働いている人の多くは、将来自分のお店を持ちたいと思っていることでしょう。

いったん他の整体院で就職し、数年間の修行を経て、独立するというパターンがほとんどです。

独立開業となれば、経営ノウハウやマーケティング、プロモーションなどの知識も必要となってきます。

独立を目指している人は、そうした知識も身につけておきましょう。整体スクールによっては経営に関するノウハウも教えてくれるところもあります。

また、最近ではインターネットで集客することのが主流となってきていますので、ウェブマーケティングの知識があれば、のちのち役に立ちます。

仕事体験談