整体師になるための学校(大学、専門学校、スクール)

学歴、資格は不要

整体師を目指す上で必ず卒業しなければならない学校も必須資格もありません。

極端な話ではありますが、誰であっても今日からでも整体師を名乗ることが可能です。

とはいえ、心身の不調を改善するための専門家である整体師には相応の知識や技術が必要であることは言うまでもありません。

整体師を志すにあたり、基礎となる部分は然るべき教育機関に通って習得するのが一般的であるといえます。

大学で「柔道整復師」の資格を取得

大学で整体師に必要な知識や技術を学びたい場合、国家資格である「柔道整復師」が取得できるところを選びましょう。

整体師に必要な知識のベースは解剖学です。

柔整師養成課程であればこれは必ず学ぶことになります。

ただし手技に関しては柔整師と整体師とでは異なる部分が多数出てきます。

整体の技術を修得するためには在学中及び卒業後に整体院に勤め、師事すべきであるといえます。

重複しますが整体師には必須資格がないのでわざわざ大学で4年間かけて難関の国家資格を取得しなくてもよいと考えることもできます。

もちろん、柔整師の資格を持っていることで施術の幅が広がったり、周囲からの信頼を得られたりするというメリットがあるのも事実です。

ただ、純粋に整体師を目指すにあたっては専門学校や養成スクールへの進学を考えるのも一つであることを付け加えておきます。

専門学校への進学が主流

整体師を目指す多くの人は専門学校を卒業し、それぞれの学校が付与する民間資格を取得しています。

在籍期間や受講内容、学費は学校によってまちまちなので進学先を決めるにあたってはいくつか候補を絞り、比較検討することをおすすめします。

転職希望の社会人や時間に制約のある主婦などでも通いやすい夜間部の設置がある学校もあるため、あらゆるライフスタイルに合わせた通学が可能なのが大きなメリットです。

養成スクールも玉石混淆

整体師個人や数店舗ある整体院グループが開講している養成スクールで学ぶという道もあります。

現場で使われている実践的な技術を教われるため、一種の弟子入りのような感覚で学べ、そのまま就職先が決まるケースも多いというメリットがあります。

ただし、この場合、卒業しても学歴にはならないため、注意しましょう。

また、養成スクールも専門学校同様、学べる内容に大きく差があるため、事前の確認が必要不可欠です。

通信講座で学ぶ

整体師に必要な知識や技術は通信講座でも学ぶことができます。

メリットは何といっても学費の安さ。

自分のペースで学べるという良さもあります。

注意すべきは前述のように講座による学習内容の差があることです。

特に通信講座の場合、教養に特化したものも多く、プロを目指す人には適さないものもあるため、注意しましょう。

また実技指導を受ける機会が少ないのもデメリットであるといえます。

スクーリングがあるものもありますが通学に比べると実技指導を受けられる頻度はどうしても劣ります。

ただしDVD等の映像教材がある講座の場合、何度も繰り返し見て学ぶことができるのは考え方によってはメリットかもしれません。

一方で中にはスクーリングも映像教材もない講座もあるため、受講を決める前によく確認するようにしましょう。

仕事体験談