独学で整体師になれる?

独学で整体師になれる?

整体師になるのに必要な知識や技術を習得するために、整体スクールに通ったり、通信講座を受講したりする人が多いですが、整体スクールや通信講座で勉強するとなると、最低でも10万円の費用が必要になります。

そこで、少しでも学費を抑えるために、独学で整体の知識を習得する方法もあります。

こちらでは、整体スクールや通信講座以外で整体に関する知識を習得する方法として、3通りの方法を紹介していきます。

1.市販の教材で勉強する

まず1つ目の方法として挙げるのが、「市販の書籍で勉強する方法」です。

本屋で売られている書籍だと、大体数千程度で購入できるものがほとんどですので、整体スクールに通ったり、通信講座を受講したりすることを考えれば格安です。

とりわけ高い実績を誇る現役の整体師によって執筆されているものが多いですので、格安の値段で実践的な整体を自宅で学ぶことができます。

2.オンラインのDVD教材で勉強する

インターネット上では、理論から治療手順までをわかりやすくまとめたDVD教材も手に入ります。

医学博士や整体師がDVD教材の監修を務めており、目で確認しながら本格的なスキルを習得することができます。

一から学ぶ方だけでなく、すでに熟知している内容を復習するためにDVD教材を使用しているという方もいます。

他の医療系職種(鍼灸師等)に従事しており、プラスアルファのスキルとして整体を身に付けようと考えている人には、自分の学びたい施術だけが学べるDVD教材がおすすめです。

3.勉強会やセミナーに参加する

整体師は自分の整体院の経営がうまくいくと、自らの治療術を広めるための勉強会やセミナーを開催したりしています。

インターネット上で検索すれば、多くの勉強会やセミナーがヒットするはずですから、そのなかから自分が学びたいものを見つけ、足を運んでみるというのも整体について学ぶ方法の一つです。

対面で学ぶことが何よりも大切

通信教育や本などから独学で学ぶことは非常に経済的ですが、実践的なスキルはなかなか身に付きません。

頭では理解していたとしても、いざ施術となると思うように手が動かないこともあります。実際の施術は1対1で行うことになりますので、整体師になるためにはやはり対面での学習も必要です。

独学はお金をかけずに効率的に知識を身につけることができますが、患者さんの身体に触るということは非常に責任が重いことです。

実際の現場で学ぶことが何よりも大切ということを忘れないようにしましょう。

仕事体験談