臨床検査技師の就職先、活躍の場

臨床検査技師の就職先とは?

臨床検査技師の就職先として代表的な場所は、検査部門を持っている大きめの病院や、街なかの医院やクリニックから集められた血液などを検査する専門の検査センターです。

また、大規模な病院であっても対応できない検査を専門的に扱う検査機関も、就職先として考えられます。

そのほか、健康診断センターや治験コーディネーターで、臨床検査技師としての仕事をするケースも多いようです。

また、割合としては少ないですが、臨床検査が必要となる医療系の分析器製造メーカーであったり、新薬を開発する製薬メーカーで働いている臨床検査技師もいます。

専門性の高い特殊な仕事であることから、就職先は、上記のようにある程度限定されてきます。

関連する資格を持っておくほうが有利

近年、臨床検査技師の資格取得者が増加している割に、活躍の場はあまり広がっていない現状があるようです。

また、時代が進むにつれて医療機器も進歩し続けており、最近は人の手を介さずとも検査が可能になっている一面もあります。

こうした事実は、臨床検査技師にとっては厳しいものだといわざるを得ないでしょう。

したがって、臨床検査技師だけではなく他の医療関連の資格を取得し、就職活動を有利に運ぼうとする人が増えています。

関連資格としては、臨床検査技師の上位職になる「細胞検査士」や「超音波検査士」といったところが挙げられます。どちらの資格も病院で活躍することができるものです。

細胞診スクリーニングをおもな業務とする細胞検査士は、臨床検査技師の資格をベースとしたもので、日本臨床検査医学会および日本臨床細胞学会の2つの団体が認定しています。

一方、超音波検査士は超音波認定医が推薦した臨床経験者に与えられる資格で、筆記試験があります。

幅広く活躍するためにも、ゆくゆくは臨床検査技師に合わせてこういった医療系の資格にトライすることも考えたほうがよいかもしれません。