理学療法士の仕事内容

身体機能を回復させる 理学療法士は、病気や事故などで身体に障害や不自由さを抱える人、また高齢により身体機能の衰えた人などに対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する仕事です。 英語で「ph … >>続きを読む

理学療法士の活躍の場

一言に「理学療法士」と言ってもその仕事内容は多岐に渡ります。では、一体どんな場所で活躍しているのでしょうか。またその場所でどんなことをしているのか、ご紹介します。 病院 「病院」と一言でいっても種類はさまざまです。 入院 … >>続きを読む

理学療法士の一日

キーポイントは他職業との連携 患者さんのリハビリを実施する際、医師や看護師といった他職種との連携はとても大切です。 理学療法士の1日は、朝、出勤してすぐ行われるミーティングからスタートします。 ここで重要な伝達事項の報告 … >>続きを読む

理学療法士と作業療法士の違い

どちらもリハビリテーションに関わる仕事 「理学療法士」と「作業療法士」は、名称も活動領域も似ているため、同じような職業と思われてしまうことが多いです。 リハビリテーションに関わる職業ということは共通しており、一般の人には … >>続きを読む

スポーツ選手を支える理学療法士

スポーツをしている人に対してのアプローチ 理学療法士のなかには、アスリートやプロスポーツ選手など、「運動」を仕事としている人を対象に活躍する人もいます。 そのような理学療法士の場合、リハビリ職というよりもスポーツトレーナ … >>続きを読む

理学療法士の役割

リハビリの現場で前線に立つ 理学療法士は、リハビリの専門職として知名度が上がっており、病院など多くの医療機関で見ることができる職業です。 また、医療機関だけでなく福祉施設などで活躍する人も増えてきました。 理学療法士の役 … >>続きを読む

理学療法士の魅力

患者さんとの出会いから学ぶことが多い 理学療法士は、仕事を通じてたくさんの患者さんと出会います。さらに、患者さんのご家族や、職場で働く他の専門職スタッフとの関わりもあります。 こうしたたくさんの出会いを通じて、自分の視野 … >>続きを読む

理学療法士が活用する治療方法

物理療法が中心 理学療法士が活用する治療方法は、理論的なもので見ていくと非常に多くありますが、基本的には「温熱療法」「電気治療」「マッサージ」といった物理的な治療が中心となります。 理学療法士は、身体的な症状に対して高い … >>続きを読む

理学療法士の職場の雰囲気

職場のパターンは大きく2つ 理学療法士の代表的な職場として、病院や福祉施設などが挙げられますが、一概に病院といっても、その種類や規模、特色はまちまちであり、職場によって雰囲気もまったく違うようです。 どの職場でも大勢のス … >>続きを読む

理学療法士の苦労

結果が出るまで時間がかかる リハビリは、スタートしてから1日や2日ですぐ症状が良くなる、ということは普通あり得ません。 患者さんの状態にもよりますが、数ヵ月の訓練をして、ようやく体が動かせるような状態になっていくことがよ … >>続きを読む

理学療法士として一人前になるまでの期間

すぐに一人前にはなれない よく、世間では「ある一定のことを10年間続けているとようやく一人前になる」といわれます。これは理学療法士にもいえることでしょう。 10年間同じことをしていればそれだけ知識や技術を得ることができま … >>続きを読む

理学療法士の仕事詳細-物理療法とは

物理療法とは 「物理療法」というと難しく感じられるかもしれませんが、腰をいためたときに整形外科でされる牽引(けんいん)や、ねんざをしたときに機械で電気を当てられることも物理療法の1つです。ほかに患部を温める温熱療法や、マ … >>続きを読む

理学療法士の仕事詳細-運動療法とは

運動療法とは 理学療法士が患者さんに行う治療方法の1つで、運動機能を回復させるためのリハビリテーションで用いられます。整形外科やリハビリテーション専門の病院などで行われています。 マットや平行棒などを使うので、運動療法を … >>続きを読む

理学療法士の仕事詳細-急性期のリハビリ

急性期のリハビリテーションについて 求人ではよく「急性期」「回復期」「維持期」という言葉を目にします。これは、患者さんの回復段階のことです。 病気の発症や事故、手術の直後を「急性期」といいます。 この時期の患者さんは、ま … >>続きを読む

理学療法士の仕事詳細-回復期のリハビリ

回復期のリハビリテーションとは 急性期を経て、いちじるしい回復がみられる時期のことです。多くは急性期の病院からリハビリテーション専門の病院に転院するか、同じ病院内で回復期専門のセクションにおいて、集中的に取り組みます。 … >>続きを読む

理学療法士の仕事詳細-維持期のリハビリ

維持期のリハビリテーションについて 回復期を経て約半年がすぎると、運動機能の回復の程度が緩やかになります。これを維持期といいます。 この時期になると、リハビリ専門の病院を退院し、自宅で療養しながら外来通院する人も多くなり … >>続きを読む

理学療法士の仕事詳細-訪問リハビリ

訪問リハビリテーションとは 主にリハビリ病院を退院した患者さんに対して自宅を訪問し、運動機能の維持や生活に関する動作の改善などを目的とします。 退院した患者さんの中には、身体が不自由で毎日の生活に困っていながらも、通院が … >>続きを読む

地域を支える理学療法士

みなさんは「地域リハビリテーション」という言葉を知っていますか?理学療法士に興味がある方であれば、聞いたことがあるかもしれません。 これは、障害を持った方が住み慣れた地域で、その地域の人々と共にその人らしい生活が送れるよ … >>続きを読む

理学療法士が必要な理由

「理学療法」の施術は理学療法士以外も行う 「理学療法」とは、「身体に障害のある者に対して、治療体操その他の運動を行わせ、電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること」とされています。 つまり、医者や看護師、作 … >>続きを読む

理学療法士に必要なこと

コミュニケーション能力 理学療法士は、業務を行う上でたくさんの「ひと」と関わります。まず医者や看護師、他リハビリセラピストなどの医療関係者とのコミュニケーションは、患者さんの治療にあたって必須です。 現状の報告から治療計 … >>続きを読む

理学療法士のデスクワーク

理学療法士の仕事というと、治療台の上やベッドサイド、リハビリ室を想像される方が多いのではないでしょうか。 しかし理学療法士の仕事は、意外と思われるかもしれませんが大切なデスクワークもたくさんあります。では、一体どんな仕事 … >>続きを読む

仕事体験談