理学療法士の魅力

患者さんとの出会いから学ぶことが多い

理学療法士は、仕事を通じてたくさんの患者さんと出会います。さらに、患者さんのご家族や、職場で働く他の専門職スタッフとの関わりもあります。

こうしたたくさんの出会いを通じて、自分の視野を広げたり、それまで知らなかったことが知れたりすることは、理学療法士の仕事の魅力のひとつです。

とくに患者さんには高齢の方も多く、その人たちとのコミュニケーションを通じて「人の生き方」について自然と考えるきっかけにもなります。

必要とされる場がたくさんある

理学療法士は、大学病院やリハビリテーション病院といった医療施設のほか、老人保健施設や特別養護老人ホーム、児童福祉施設、精神保健センターといった保健福祉施設、あるいはスポーツ関連施設での活躍など、多様な就職先の選択肢があります。

理学療法士の人数が増えていることから、就職は厳しくなりつつあるようですが、需要がまったくないというわけではなく、それでも根気よく就職活動をすることで働き口を見つけている人がたくさんいます。

また、理学療法士と作業療法士の2つの資格を併せ持つことによって、より高度な専門性を発揮する働き方ができたり、就職先の選択肢を広げたりすることも可能になります。

作業療法士の仕事

高齢化が進みリハビリの需要は高まっているため、自分の努力と計画次第で、せっかく取得した国家資格を生かして働き続けることができます。

スキルアップしていく実感が味わえる

理学療法士は、リハビリテーションに関わる専門職です。国家資格を得たところがゴールではなく、そこからが本当のスタートになります。

現場に出たばかりの頃は、患者さんともなかなかうまくコミュニケーションがとれないかもしれませんが、さまざまな患者さんと接し、さまざまなケースに遭遇するうちに知識や技術が深まり、だんだんと自分に自信も生まれてきます。

日々スキルアップしていく実感が味わえ、自分が成長すればするほど、たくさんの患者さんを笑顔にすることができる。

それこそが、理学療法士の仕事の大きな魅力といえるでしょう。

仕事体験談