女性の理学療法士

女性、男性はあまり関係ない

理学療法士について「リハビリを行う仕事」と聞くと、どうしても男性の姿をイメージをする人もいるかもしれません。

しかし、実際にはそこまで男女の偏りがあることはなく、女性の理学療法士も数多く存在します。

男女で仕事内容に違いはなく、どちらも高い専門性を持っています。理学療法士の養成学校でも、男女比がほとんど同じくらいになっていることが多いようです。

最近では女性の理学療法士の存在感も大きくなっており、女性が管理職として活躍するのも珍しいことではありません。

また、理学療法士のほとんどは日勤で働いており、夜勤が入ることはほとんどありません。

こうした点も、女性にとっての働きやすさにつながっているといえるでしょう。

女性ならではの気遣いが武器に

医療関係のどの職業もそうですが、女性の患者さんに対しては、やはり女性に対する気遣いというものが必要になることも多いです。

そのような場合、女性の理学療法士が相手をすることができると、女性の患者さんにとっては安心感が生まれやすくなるようです。

女性の行動や、リハビリに対するニーズというのはどうしても男性とは違ってきます。

そのようななか、女性の理学療法士がいるというのは、女性の患者さんにとって心強いものになるでしょう。

なかには、どうしても男性が苦手という患者さんもいます。そんなとき、女性の理学療法士が対応できれば、緊張することなく、リハビリを前向きに受けることができるでしょう。

より多くの人の健康に携わるためにも、女性の理学療法士は必要な存在となります。

女性も男性と同じことをする現場

女性と男性で、仕事内容に大きな差がないということは先に述べました。

しかし、これは逆にいうと、女性も男性と同じことをしなくてはいけない場面が多いことになります。

たとえば、力仕事は男性に任せたいと思っていても、そうも言っていられない場面はたくさんあります。

リハビリの多くは、力を必要とします。患者さんの体を支えたり、体を動かしたりするのは、思っている以上にパワーが必要なものです。

とくに身体の大きな方の介助をすることは簡単ではありません。

しかし、そのような時に非力だからという理由で、常に男性を頼りにすることはできません。

もちろん、男性が気遣って手助けしてくれることもありますが、女性だからといって楽に働けるわけではありません。

一人の専門家として、しっかりと患者さんをサポートすることが求められます。

仕事体験談