ネイリストの魅力

働き方の選択肢が多い

ファッションの一つとしてネイルを楽しむ人が増え、そのサービスの需要と人気が高まるとともに、ネイリストという職業も社会的に立場が確立されてきています。

美容業界全般にいえることですが、ネイリストは、女性が社会の第一線で活躍しやすい職業といえます。もちろん、いまや一般の会社員などであっても、男女問わずキャリアアップすることは可能です。

しかし女性の場合、結婚や出産などのライフイベントによって、どうしても「仕事を続けるか、辞めるか」といった悩みにぶつかりやすいのは事実です。そして、一度現場を離れてしまうと、職場に戻りにくいといったケースも多いようです。

その点、ネイリストは「手に職がつけられる」仕事ですから、一度現場から離れたとしても復帰しやすいですし、即戦力となれる人は重宝されるため、経験があるというだけで雇ってくれるネイルサロンは数あります。

フルタイムで働くのが難しい場合でも、アルバイトやパート、そしてフリーランスなど、自分のペースで、自分の思うように仕事を続けることも可能です。さまざまな働き方の選択肢があることは大きな魅力といえるでしょう。

もちろん、現代は男性のネイリストも多数活躍しています。どのような人にとっても、身につけた技術力を発揮して、自分が目指すキャリアを築いていくことができます。

大好きなネイルの技術が身につく

給料や福利厚生など、ネイリストの待遇は勤務するサロンによって異なります。しかし、少々給料が安いサロンでも、ネイリストならではのうれしい待遇もあります。

たとえば、お店が終わった後に先輩たちに技術をレクチャーしてもらえたり、練習用の道具を自ら購入せずともお店が負担してくれるケースもありますから、ちょっとお得な気分を味わえるでしょう。

ネイリストを目指す人は、「ネイルが大好き」であるはずです。自分でもネイルアートを楽しんだり、いろいろなデザインを研究したりしている人が少なくないはずです。

基本的なネイルケアから最先端のネイルアートまで、ネイルに関するさまざまな技術を身につけられるのは、この仕事に就く人の特権といえるでしょう。

お店で行えば数千円〜数万円かかることを自分でできてしまうというのは、やはりうれしいものです。

また、サロンによってはハンドマッサージが習得できたり、資格取得をサポートしてくれるケースもあります。

仕事は決して楽ではありませんが、自分の好きなことを学び続け、それでお金をいただけるというのは、幸せなことではないでしょうか。

ローコストで独立開業しやすい

ネイリストは、比較的狭いスペースでも開業できる仕事です。マンションの一室をお店にしたり、最初は友人や知人を中心に招いて自宅サロンからスタートする人も多いようです。

経営が軌道に乗ってきて現在の規模に限界を感じたら、それなりの物件を借りて内装にもこだわったり、スタッフを雇ったりして、様子を見ながら店を大きくしていくことができます。

初めての独立となるとどうしても不安がつきまとうものですが、最初はフリーランスの延長のような形で開業できるのは、自分の腕一本で仕事ができるネイリストならではの魅力といえるでしょう。