ネイリストの勤務時間・休日

勤務時間の平均はどのくらい?

ネイルサロンで働く場合の勤務時間は、お店の営業時間によって異なります。だいたい9時〜21時前後で営業するサロンが多いようです。

ただし、繁華街にあるネイルサロンは夜遅い時間まで営業していたり、逆に閑静な住宅街にある隠れ家的サロンなどで「完全予約制」を敷いているようなサロンでは、お客さまの予約が入らなければその日はそれで終了、といったスタイルをとるところもあります。

営業時間の長いサロンでは、「早番」「遅番」というようなシフト交代制で、1日の労働時間は実働8時間程度というのが一般的です。

閉店後に練習をする場合も

たとえば10時にオープンする場合、その1時間〜30分ほど前に出勤し、掃除や開店準備を行うことが多いようです。

そして閉店後は片づけを行い、人によっては練習をしてから帰宅する人もいますし、営業時間外に講習会が行われることもあります。

ネイリストになったばかりの頃は、この閉店時間後の練習時間が長くなって、帰宅時間が遅くなることもあるかもしれません。

練習はあくまでも自主的に行うものであって、普通は強制されませんが、練習しなければ上達しないのがこの仕事です。ですから、寝る時間やプライベートの時間を削ってがんばる人が多いようです。

休日はしっかりとれる?

これもお店によって異なります。週休2日しっかり休めるとこともあれば、月に6日程度の休みということもあります。

また、定休日を設定しているサロンであれば、その日は決まって休めますが、年中無休のサロンでは変動シフト型となることもあります。求人情報を確認する際に、募集要項をしっかり確認しておきましょう。

基本的にネイルサロンが一番忙しいのは土日祝日ですから、平日休みになることが多いでしょう。お友達と休みが合わない…と残念に思うこともあるかもしれませんが、それは美容業界やサービス業で働く人の宿命といえます。

また、見習い期間のうちは1日も早く一人前を目指すことが求められるため、貴重な休みの時間は練習に充てるくらいの気合いは持っておいたほうがよいでしょう。

もちろん、まったく遊んではダメということではありません。

ベテランネイリストになれば、サロンが有給休暇を優先してとらせてくれることもあります。

また、自宅でネイルサロンを開業する場合は「完全予約制」で営業することもできますし、自分の都合やスタイルに合わせて自由に働きやすくなります。