海外のネイリストライセンス

ネイルを学べる国は?

いま、日本でも「ネイリスト」という職業の知名度は随分と高まったように思われます。ネイリストの志望者が増えるにつれ、ネイリストの育成機関や教育プログラムも充実してきたといえるでしょう。

しかし、現在のところ日本では、ネイリストになるための国家資格は存在していません。そのため、「ネイリスト」として活躍する人であっても、その学歴や経歴は人によってだいぶ異なります。

一方、海外の一部の国では、ネイリストが国家資格として認定されているところもあります。

とくに、職業としてのネイリスト(通常、英語圏では「マニキュアリスト」や「ネイルテクニシャン」と呼びます)の歴史が古く、ネイル先進国として知られているのはアメリカです。

アメリカの場合、ネイリストとして働く場合は国家資格(ライセンス)の取得が必要となります。アメリカのネイリストのライセンスは非常にステータスが高く、日本でもこれを取得したい考えるネイリストは少なくないようです。

アメリカのライセンスを取得する方法

アメリカのネイリストライセンスは、州ごとに種類が異なることが特徴であり、取得のためには政府公認の指定校にて、所定の時間数以上のカリキュラムを修了する必要があります。

日本人がアメリカのライセンスを取得しようという場合、留学して現地のネイル専門学校で学ぶことが一つの方法として挙げられます。

しかし、現地学校の入学においては英語力(TOEFL、IELTSなど)が問われたり、州ごとに法律や規制も異なるため、生活面で苦労することもあるようです。

他の可能性として、日本のネイルスクールの中にもアメリカの認定校と提携しているところがあります。

そういったスクールの場合、普段の講義は日本で受け、筆記試験や実技試験のために1週間程度渡米するだけでライセンスが取得可能となっています。

ネイリストとして働きながらさらなるキャリアアップを目指す場合でも、少し休暇を取るだけでアメリカのネイリストライセンスの取得が目指せるということから、こういったシステムの学校を利用している人もいるようです。

オーストラリアの国家資格も人気

オーストラリアでも、ネイリストは国家資格として認定されています。

こちらもアメリカの場合と同様、現地あるいは日本の特定の学校・スクールでカリキュラムを修了し、技術や知識があると認められればライセンスを取得することができます。

なおオーストラリアの国家資格は、イギリスやニュージーランド、シンガポールなどを含めた「コモンウェルス加盟国」でも共通で認められているものとなります。

そのステータスの高さから、こちらに挑戦する日本人ネイリストも少なくないようです。