ネイリストは結婚、子育てしながら続けられる?

周囲の理解や協力があれば可能

ネイリストは、正社員やフルタイムで働く以外にも、アルバイト・パート、フリーランスなど、さまざまな働き方ができる仕事です。

そのため、結婚後や子育て中であっても、上手に両立して仕事を続ける方法はあるといえます。

幼い子どもがいる場合は日中の数時間シッターさんに預けたり、小学生以上の子どもがいる場合は、子どもが学校に通っている時間帯のみアルバイトやパートをしている人もいるようです。

ただし、ネイルサロンの中にはたとえアルバイトやパートであっても、1日8時間など社員と同じくらいの勤務を求められるところもあります。

肝心なのは、そういったフレックスな働き方をさせてくれるサロンや、よき協力者を見つけることです。

仕事である以上、そこには責任が伴います。

わざわざ言うまでもないでしょうが、アルバイトやパートであっても勤務時間内は全力で仕事に打ち込み、「プロフェッショナル」としてお客さまに最高のサービスを提供する気持ちを忘れてはなりません。

結婚後は自営業やフリーランスという道も

結婚後や子育てをしながらネイリストを続けたいと思う場合、アルバイトやパートで働く以外に、自分で小さなサロンを開いたり、お友達や昔からの常連客のところに出張してネイルを行う「フリーランス」になる方法もあります。

その働き方なら、ある程度自分で勤務時間をコントロールできますし、休日もとりやすいため、家事や育児との両立も比較的スムーズにできるのが魅力的です。

しかし、そういったスタイルで仕事をする場合、自分でお客さまを見つけてこなければなりません。

そのため、一度もネイルサロンなどの現場で働いたことのない人が、突然フリーランスになるのはかなり厳しいといえます。

まずはサロンで働き、自分の固定客をしっかりつかんだり、日々人脈を広げるように努力したうえで、フリーランスになる人が多いようです。

結婚や出産後の再就職は?

手に職をつけて働けるネイリストは、経験や実績があれば、さまざまなサロンで通用するのが魅力的なところです。

しっかりとした実力を身につけておけば、多少のブランクがあっても再就職できる可能性は十分にあります。

最近はネイリストの需要が高まっていますが、サロン側も経験のない人を育てていくには時間やお金がかかるため、一度でもネイリストとして働いた経験を持つ人は、優遇されることも多いようです。

ただし、この業界は常に新しいトレンドが生まれます。ブランク期間中も常にネイルに関する最新情報や流行などにアンテナを張って、技術と感度を磨き続けておきましょう。