ネイリストは激務?

一人前になるのは楽でない

自分の持つ技術で、人の手や爪を美しく仕上げていくネイリスト。

とても格好よく見えますが、これからこの職業を目指そうと考えている場合、一人前になるのは決して楽な道のりではないことを理解しておく必要があります。

現実的な話をすれば、まず「お金」の苦労があります。ネイリストよりも稼げる仕事は他にもたくさんあります。

そして、ネイリストとして安定した収入を得られるのは、経験を積んで、周囲から認めてもらった限られた人のみです。

未経験からスタートする大半のネイリストは、ネイルサロンでアシスタントからスタートし、長時間働いて、ようやく一般的な会社員が得るような収入を確保しています。

アルバイトの場合、法律で定められた最低賃金程度の時給しかもらえない、といった職場も珍しくはありません。

たくさん働いて技術力が高まれば高まるほど収入も上がる仕事ですが、働けば働くほど体力も精神力も疲弊していきがちです。また、仕事以外の時間を使った自主練習も欠かせません。

新人のうちはプライベートの時間を削ってでも、ネイリストとしての腕を磨いていこうという強い気持ちが求められるのです。

こういったことから、一人前になるまでは「激務」と感じることが多くなるかもしれません。ただし、がんばったらがんばった分だけ成長が実感できる仕事でもあります。

安定した収入を得るために

このような厳しさがある中でも、1日でも早く一人前になるためには、自分に合った職場を選ぶことが大切です。最近はネイルサロンの数が増えている分、中には「ブラック」と言われてしまうような店もあるようです。

ただし、「とにかく給料の高さを求めるのか」それとも「人間関係の良さが最重視か」など、どこに価値を置くかは人それぞれですから、自分自身で職場の雰囲気をしっかりと見極めることが大切です。

なお、一般的に給与などの条件が良いのは正社員ですが、勤務時間や休日などの面で自由度が高いアルバイトに対し、正社員の場合は勤務時間も長くなりがちで、より責任が重くなります。

そういった面も踏まえて、自分が希望するスタイルで働ける職場を選ぶことが大切だといえるでしょう。