男性でもネイリストになれる?

男性ネイリストも活躍できる時代

日本では、「ネイルは女性が楽しむもの」というイメージが根付いているからか、男性よりも女性ネイリストのほうがずっと多いのが事実です。

しかし、海外では「メイクアップアーティスト」や「スタイリスト」と同様、男性のネイリストも決して珍しくない存在だといわれています。

いまや男性も美容やファッションに興味を持ち、身だしなみに気を配る時代です。

日本でも、近年は男性をターゲットにしたネイルサロンが登場しており、男性ネイリストが活躍できる場は徐々に増えつつあるといえるでしょう。

男性ネイリストの志望動機

男性ネイリストの志望理由を聞いてみると、「子どもの頃からプラモデルを作るのが好きだった」「絵を描いたり、美しいものを見るのが好き」という人が多いようです。

ネイリストは専門知識や技術に加えて「手先の器用さ」が求められるため、男性であっても細かい作業が得意な人は、持ち味を生かして活躍できるでしょう。

男性目線での安定感あるサービスを提供できたり、独創性を発揮できれば、人気ネイリストになることも夢ではありません。

もちろん、ネイルの専門学校やスクールでも、男性は女性と肩を並べて学ぶことができます。

男性ネイリストの採用募集状況

多くの美容院では、男性スタッフが当たり前のように活躍しています。

同様に、ネイルサロンにも男性スタッフがいてもおかしくないのですが、現状ではまだ美容師ほど志望者が少ないこともあり、「女性だけの職場」になっているところが少なくありません。

ネイルサロンの求人募集を見てみると、「男性不可」としているサロンもあれば、そうでないところもあります。

ネイリストの場合、美容師のように鏡越しではなく、お客さまと対面して近距離で施術を行います。

そのため、女性のお客さまのなかには「男性スタッフはちょっと…」と抵抗感を抱く人もおり、そのようなケースを懸念して女性だけを採用するサロンもあるようです。

一方、女性のお客さまでも、男性ならではの感性を生かしてネイルをしてほしいと考える人もいます。

男女関係なく、技術を持ったネイリストを積極的に採用したいとサロンも多数あります。

そういったところでは、スタッフの「指名制」をとっていたり、事前に男性スタッフであることをお客さまに確認するなどして、お客さまに安心して利用いただけるように対応しているようです。