高校教師の臨時採用

臨時採用とは

高校教師になるためには教員採用試験に合格しなければなりません。しかし、近年採用試験は狭き門となり、なかなか合格することができないのが現状となっています。

不合格の方はそれで終わりではなく、臨時教師枠に登録することができます。これは教育委員会が設けている事務局で、自分で登録しなければなりません。不合格者が自動で登録されるわけではありませんので注意してください。

臨時採用される理由は主に二つの理由からです。それは「産休と病休」です。常任教師がこれらの理由で数ヶ月単位で教職を離れる場合に適用され、一定の期間のみ採用されるのが臨時教員です。

臨時教師の待遇

採用期間中は常任教師と同様に扱われるため給与、賞与、有休なども変わりありません。ただしあくまでも臨時採用なので、常任教師が復帰するまでの間となります。また、退職金などもその都度リセットされてしまいますので、保障自体は皆無とも言えるでしょう。

期間限定の職務なので不安定ですが、臨時教員の経験があれば本採用に優遇されやすい傾向もあります。

臨時教師の採用方法

臨時教員として採用される方法は二つあり、面接のみで決定される場合と学校側の指定する試験に合格することです。これは各都道府県によって採用方法が異なりますので確認が必要です。

高校教師を目指す人の多くはこの臨時教員に登録していますが、現状は諦めて一般企業に入社する人が多くいるのが現状です。もし高校教師一筋という方であれば、こちらの臨時教員から常任教師に上り詰めていくのも一つの手段と言えるでしょう。

仕事体験談