建築施工管理技士のやりがい、魅力

形あるものを造りあげていく喜び

建築施工管理技士にとって最大の喜びは、ビルなどの大きな「ものづくり」に携わることができる点にあるといえるでしょう。

小さいものとは異なり、完成までに年単位の時間がかかることもありますが、それだけスケールの大きな仕事に携わることができ、自分が管理監督した建物ができあがったときには何とも言いがたい達成感を味わえるでしょう。

何もないところから工事がスタートし、日を追うごとに少しずつ作業が進んでいき、形になるという「結果」が見えやすいところも、やりがいにつながります。

最初は平面図でしかなかったものが立体として目に見えるものになり、完成した建物が人に利用されたり世の中で認知されたりしていくことに、やりがいと誇りを持つことができます。

たくさんの人と関わり、まとめていく喜び

現場に関わるたくさんの技術者たちをまとめていくことも建築施工管理技士のやりがいの一つとなります。

こだわりを持った職人気質の人も多いため一筋縄ではいかないこともありますが、気難しい人たちとも上手にコミュニケーションをとり、それぞれの力を組み合わせてゴールに向かって進んでいくことに、やりがいを感じている建築施工管理技士は多いようです。

困難を乗り越えながら、日々の仕事の中で生まれるチームワークや連帯感といったものを感じながら働けることも、この仕事の魅力といえます。

社会を支える、公共性の高い仕事に携われる

建築施工管理技士は、超高層マンションや商業ビル、駅や病院など、人の生活を支えたり、公共性の高い建物の工事に携わる機会が多くあります。

責任は重大ですが、無事に良いものを完成させることができれば満足感でいっぱいになりますし、自分の携わった仕事が評価されたときにはものすごくうれしくなります。

地道に建物を完成させていく姿は決して華やかではなく、目立つことも少ないかもしれませんが、自分たちの頑張りが社会を支えているというやりがいを感じることができるでしょう。

この仕事がなければ社会が成り立たないので、従事する人は社会を支えているというやりがいを感じることが多いと言えます。