建築施工管理技士の転職状況

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

需要はまだまだある

新しい建築物が次々と立てられるなかで、建設業界は人手不足の状態が続いており、とくに現場を管理できる建築施工管理技士の需要は大きなものとなっています。

建築施工管理技士の資格は、取得するために必ず実務経験が求められることもあり、資格があれば一定以上の専門知識や技術を備えていることを証明することにもつながります。

こうしたことから、建築施工管理技士の転職成功率は比較的よい数字となっているようです。

現在は「団塊の世代」といわれる年代の職人が続々と退職していることもあり、現場である程度の経験を積み、働き盛りの30代から40代くらいの建築施工管理技士が活躍できる場が目立っています。

必要なスキルは?

建築施工管理技士に求められるのは、まずは現場経験で培った知識や技術といえます。

さらに、職人をはじめとするさまざまな立場の人とコミュニケーションをとらなくてはならないことから、人間関係を築く力やリーダーシップなども重要です。

この仕事において学歴はさほど問われませんが、大手ゼネコンなど企業によっては大卒以上の学歴が求められることもあるようです。

最近では、建設業界に特化した転職支援サービスや転職情報サイトも登場しており、このようなものを活用しながら転職先を探していくとよいでしょう。

1級建築施工管理技士の資格があると有利に

建築施工管理技士は多くの建設業の企業で求められており、とくに大規模工事を扱える「1級」の資格を持っている人は、優先的に採用されやすいようです。

さらに、「建築士」の資格を持っている人も優遇される傾向にあります。

資格を取得したうえで豊富な施工管理経験を持つ人は、転職を機に収入を大きくアップさせることも可能です。

現在、建築施工管理技士の求人は数多く出ており、それなりの経験や技術がある人は転職先を選びやすい状況にあります。

条件面も重要ですが、建築施工管理技士としてどのようなプロジェクトに携わり、どのようにスキルアップしていきたいのかを踏まえて、転職先を探してみるとよいでしょう。