建築施工管理技士になるには

国家資格を取得する

建築施工管理技士になるには、建築施工管理技士の国家試験を受験して、合格することが第一歩となります。

しかし、この国家試験は受験資格として実務経験が求められるため、誰もが自由に受けられる種類の試験ではありません。

必要な実務経験の年数は、基本的には「1級」と「2級」の資格の種類と、最終学歴によって異なってきます。

また、2級の場合は職業能力開発促進法による技能検定合格者も、条件次第では受験することが可能です。

受験資格についての詳細は、試験を実施する「一般財団法人 建設業振興基金」のホームページをご参照ください。

2級建築施工管理技士の受験資格
1級建築施工管理技士の受験資格

建設系の企業で実務経験を積む

2級建築施工技士の試験では、最終学歴が大学である場合も、卒業後1年以上(指定学科卒業)の実務経験が必要になります。

したがって、まずは学校卒業後、建築系の企業へ就職して技術者として実務経験を積み、その後のキャリアアップのために建築施工管理技士の資格取得を目指すのが一般的です。

有資格者が多いと、会社の信用度や評価が増すこともあり、会社が資格取得の費用などを負担してくれることもあるようです。

また、建築施工管理技士の資格を取得すれば基本給とは別で資格手当が付き、大きく収入をアップさせることも可能になります。

求められる能力やスキルは?

建築工事に関する専門知識や技術はもちろんですが、建築施工管理技士は現場を指揮する役割を担うため、リーダーシップやマネジメントスキルが求められてきます。

チームメンバーを円滑にまとめていけるだけのコミュニケーション能力も必要です。

また、この仕事では安全管理や品質、スケジュールなど、工事を無事に完了させるために確認していかなくてはならないことも多いため、慎重かつ論理的に物事を考えていく能力も求められてくるでしょう。