建築施工管理技士のつらいこと、大変なこと、苦労

現場の人たちとのコミュニケーション

建築施工管理技士の仕事で重要なのは、現場に関わる人といかにうまくコミュニケーションをとっていくかということです。

たとえ優秀な技術者が一人いたとしても、工事は決してその一人だけの力でできるものではなく、たくさんの技術者の力を合わせてようやく完成にまで導けるものです。

しかし、多様な業務を任されているスタッフがいるなかで、同じゴールにむかって進んでいき、プロジェクトを成功させるためには、現場をまとめて指揮していく建築施工管理技士の活躍が欠かせません。

現場の人たちすべてと良いコミュニケーションを取ることは、建築施工管理技士にとって何より大切な仕事です。

さまざまな性格の人をまとめるのは苦労を感じることもありますが、建築施工管理技士の腕の見せ所といえるでしょう。

命にもかかわる責任の重さ

建築工事は、つねに「安全」を意識して進められていきます。

たしかに工期に間に合うように効率よく、スピーディーに作業を進めることも重要なのですが、万が一、現場で事故が起きてしまえば人の命にも関わってきます。

建築施工管理技士は、現場の安全についても責任を持ち、管理していく役割を担います。

「何か起きたらどうしよう」という不安感やプレッシャーを感じることもあるかもしれませんが、それだけに集中して仕事に取り組み、何かが起こらないように努力することが求められます。

ハードワークになることも

建築工事の現場は忙しく、休日は日曜日だけとなるのが一般的です。

一つの現場が終わると、まとまった休みが取れることもありますが、普段は毎日忙しく働くことになるでしょう。

とくに建築施工管理技士は業務量が増えがちで、1日の現場作業が終わった夕方以降に残業をしてデスクワークを片付けるようなことも出てきます。

繁忙期になると夜遅い時間まで残って仕事をするなど、心身ともにハードさを感じることがあるかもしれません。