一般事務の勤務時間・休日・残業

勤務時間

一般事務の勤務時間は、雇用形態や勤務先によって異なりますが、民間企業で正社員として働くのであれば、9:00~18:00くらいの間で1日実働7.5時間~8時間程度となっています。

オフィスワークとなるため、販売職のようにシフト制の勤務や、夜勤が入ることは基本的にありません。

決められた時間に出社し、1日をオフィス内で過ごし、定時になり業務を終えれば帰宅するという流れになります。

勤務時間が安定していることから、生活リズムは整えやすいでしょう。

役所や公民館といった自治体の施設で働く場合も、基本的には日勤で、1日7時間45分程度の勤務となりますが、施設によっては夜間勤務になることもあるようです。

休日

一般事務の休日は、多くの職場において土日休みの週休二日制となっています。さらに祝日が休みになるのが一般的です。

平日にきちんと仕事をしていれば、休日出勤が求められることはほとんどないようです。

ただし、一部の職場では土日祝日の勤務が求められ、代わりに平日が休みとなっていることもあります。

アルバイト・パートや派遣社員の場合、自分が希望する曜日に休みをとれる職場で働いている人もいます。

残業時間

残業の状況に関しても、勤務先によってだいぶ異なるのが実情です。

「事務だから必ず早く帰れる」というわけではなく、正社員であれば仕事が溜まっている日は他の職種の社員と同様、遅くまで残って仕事をしなくてはならないこともあります。

とはいえ、企業や配属先によってはほとんど残業がないこともあるため、一概にこうだと決めつけることはできません。

残業時間の少なさをウリにしている企業では、求人募集記事でも「残業時間月10~20時間以内」といった記載がなされています。

ただし、残業がほとんどないと思っていたのに、いざ入社してみたら思った以上に残業が多かったという声も聞かれるため、実態については採用試験の面接の際などによく確認しておくほうがよいでしょう。